「相続財産管理責任者」(官報公告上)を誰にするかは、相続人が決めるか、それともえ家裁が決めるか?

限定承認用の官報公告において、債権者からの連絡先である「相続財産管理責任者」という者は、
相続人が自分たちで話し合って決めるのですか? それとも家裁が選任するのですか?

家裁ではなく自分たちで決める場合、何か決定書面を作成する必要はありますか?

2018年02月01日 10時53分

みんなの回答

新保 英毅
新保 英毅 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府1 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
限定承認の申述をした場合、申述の受理と同時に、家庭裁判所が、相続人の中から相続財産管理人を選任します。(事前に、相続人間で協議し、候補者を決めて、家裁に連絡していれば、参考にはしてくれるでしょう。)
家庭裁判所から相続財産管理人選任の審判書が送られてきます。

2018年02月01日 12時27分

この投稿は、2018年02月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議を行う「不在者財産管理人」の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要です。相続人の中に行方不明の人がいる場合、その相続人に代わって遺産分割協...

相続人がいない場合に「特別縁故者」として遺産を相続するための手続き

亡くなった人に相続人がいない場合、その人の財産はどのように扱われるのでしょうか。「亡くなった人と一緒に暮らしていた」、「亡くなる前に介護を行...

身寄りのないいとこが死亡…誰が財産を相続する?【弁護士Q&A】

自分のいとこが亡くなり、いとこ側の親族が全員死亡しているような場合、誰がいとこの財産を相続するのでしょうか。相続する人が誰もいない場合、いと...

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。この記事では、遺言執行者の職務内容や義務、遺言執...

遺品整理をすると相続放棄できなくなるのか【弁護士Q&A】

亡くなった人に借金などマイナスの財産がある場合、相続放棄を考える人もいるでしょう。では、相続人が亡くなった人の遺品整理をする場合、それが単純...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 議決権行使をできなくする方法について

    遺産株の議決権行使について法定相続分相当の権利を保留にすることはできますか? 例えば 1内容証明などで「分割の割合について協議する必要があるため保留にして協議を始める」と通知するとか 2協議調停を申し立てる 等することで可能になりますか?

  • 官報公告に「相続財産管理責任者」と掲示されると相続放棄できない?

    限定承認用の官報公告において、債権者からの連絡先である「相続財産管理責任者」という者は 申し立てにより家庭裁判所が選んでくれるのでしょうか? また、いったん官報公告に「相続財産管理責任者」された相続人は、もはや相続放棄できないものとなりますか?

  • 閣議決定と閣僚の反対について

    内閣総理大臣は、閣議の際にその決定に反対する閣僚がいた際は解任した上で閣議を通すと思いますが、その際解任と閣議決定を同じ閣議で行うことが出来るのでしょうか? それとも、閣僚を解任後改めて閣議を開く必要があるのでしょうか?

  • 決定の内容に不満

    決定の理由に不満があったり、内容が著しく原告の名誉を棄損するような内容の場合、即時抗告や国家賠償などして決定理由を変え名誉を回復することは出来るでしょうか?裁判所の職員の対応が悪い場合は裁判官の監督責任ですし、余りにも裁判官の人間性が疑われる案件があり相談しました。

  • マンション管理組合 総会 特別決議 招集通知について

    マンション管理組合の総会で「特別決議・議案」がある場合の事前通知の内容について お伺いします。 実は管理規約において、「規約の変更」は「特別決議」、つまり組合員総数および議決権総数の4分の3以上で決するとあります。 その場合、総会通知書(案内状)に「特別決議」であることを「明記する必要性」は「絶対条件」でしょうか...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。