相続放棄しか選択肢は無いのでしょうか

父には母が生前時より愛人(以下A)がおり、母が重い病で入院費後は父、兄、私名義の家に住ませ父は近所に別途家を購入し合鍵も渡し身の回り世話もさせ内縁の妻の関係です。Aは父の実印、動産を自由に使え不動産も含め全てので財産を把握しています。父はAも遺言書で相続人と明記していると言っていますが内容は教えてくれませんし、財産目録も作成してくれません。父が生存中にAは架空の借用書や父を連帯保証人にする事が出来、父が他界後Aが第三者を雇い私に請求して来る可能性があると思料しております。その場合、私は父が生前に借金や連帯保証人となっていない事を立証する証拠が無い為裁判をしても負けてしまうと理解しております。限定承認は相続人全員の同意が必要ですのでAは拒否するでしょう。上記リスクから財産放棄しか選択肢は無いのでしょうか?ご教示頂きたく宜しくお願い申し上げます。
2017年12月20日 12時47分

みんなの回答

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ありがとう
家庭裁判所に遺産分割協議の調停の申し立てをしてください。
調停で解決できると思われます。

2017年12月21日 12時33分

相談者
早速、御見解を頂戴し深謝申し上げます。
不勉強で誠に申し訳ございませんが、Aが父の余命が短いと判断し動産全てを持ち逃げし行方不明となれば調停には辿り着けなくなりませんでしょうか?更に父が他界後第三者を雇いAが作成した架空の借用書や連帯保証人の証拠を突きつけられたら借金が無かった事を立証出来ないので支払わなくてはならないのでしょうか?動産を持ち逃げして雲隠れされたら横領や窃盗で訴える事が出来ますでしょうか?持ち逃げされた動産を全て使い果たされたり、隠されたりしたら泣きね入りしかないのでしょうか?
行方不明となったら上記リスクから相続放棄しか選択肢は無いのでしょうか?
無礼に一方的に質問ばかりして誠に申し訳ございません。

2017年12月22日 21時27分

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ありがとう
持ち逃げは、窃盗罪で、刑事事件として、告発できます。
不正な書面の作成は私文書偽造罪で、告発できます。不正な書面による借財は無効です。
その様な不正に基ずく偽造の借財等について、相続人が責任を負うことはありません。

2017年12月23日 20時25分

この投稿は、2017年12月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。
今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続人以外の不動産共有者を単一の所有者にしたい場合

    先日父が亡くなりました。遺言は有りません。相続人は、母と私と妹です。 父、母、私、私の夫が同居していた土地と建物があり、そのどちらも父と夫の共有名義になっています。 ローン返済中なので抵当権が設定されています。 この場合、不動産の共有状態を解消し、夫単独の名義にするためには、どのような事が必要になるのでしょう...

  • ≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫

    ≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫ 認知症になった母親の財産保全に関してですが、20年ほど前に子供(長男)の借金の連帯保証人であったためにその返済請求による母親の自宅の差し押さえを避けるため、同居する3男家族へ贈与という形で権利者を分散しましたが、そのリスクが去り、また同居していた家族との確執があったため...

  • 相続放棄

    私には、父と父が再婚した継母がおります。 父が先日他界しました。 父は介護施設に入っており、父の成年後見人に私が、一方、継母は、痴呆症のため姉が継母の成年後見人は妹がなっております。 姉と継母は特別利害関係人ということで、特別代理人を選任する必要があるのは理解しています。 父の財産に債務はなく正の相続財産ですが...

  • 【至急】回答 頂きましたが補足で詳しくお願い致します。

    亡くなったのは、父の叔母です。 公正証書遺言による全財産の相続を受けたのは、亡くなった叔母の配偶者の甥の娘です。 叔母の兄弟は11人居り… 私の知る限りでは、生存しているかは、不明です。 しかし、叔母の甥、姪は健在です。 その場合、各々の甥、姪は、相続の権利は主張出来ますか?

  • 破産免責者の債務承認と相続放棄対象者の範囲等

    【事案の概要】 ?被相続人である父親Kは生前、多重債務で自己破産し、その後免責された。 ?破産手続きの際に、金融機関のみ債権者リストに記載し、個人名義の債務についてはリストに記載しなかった。 ?被相続人の父親Kは免責後も、個人名義の債務については、毎年利息分の債務の返済をしていた。 ?父親Kの債務の連帯保証人は全て、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。