建物収去土地明渡請求できるのは相続人か、遺贈で土地の所有者になった孫か

父の土地に父の弟である叔父が自分の家を建てています。そこには元々父が相続して暮らしていた家があったのですが、父が転居した後は叔父一家が暮らしておりました。老朽化の為、父の許可のもと叔父が父の家を壊し、自分の家を建てて今に至っています。叔父には父が入院した時に時効取得したと裁判を起こされ、父が勝訴し叔父の使用貸借が確定しています。しかし、裁判が終わった後も叔父からの嫌がらせは止まりません。父はその度に「信頼関係は破壊された、叔父の死後はその子、孫の土地の使用は認めない」との内容証明を出しています。叔父は今は老人ホームにはいり、孫一家が叔父の家と父の土地を使っています。

父は叔父が亡くなったら使用貸借の終了で、建物収去土地明け渡しの訴えを叔父の相続人に対して起こすようにと言っていますが、父の相続人である私では気弱な性格を叔父側に知られているので、馬鹿にされるだけだで心もとない。そこで、父は遺言書を書いて孫である私の息子二人(20代と30代)に土地を2分の1ずつ遺贈するので二人で裁判を起こすようにと言っています。

質問ですが、
1、遺贈で土地の所有者になった孫は、建物収去土地明渡請求ができるのでしょうか。
2、父の相続人である私は、土地の所有者でなくても建物収去土地明渡請求ができるのでしょうか。
  例えば、私が相続放棄をしている場合、限定承認をしている場合はどうでしょうか。
3、叔父の死後、建物収去土地明渡請求を受けるのは、叔父の相続人全員ですか、それとも建物の所有者になった者ですか。
4、叔父の家と父の土地を、実際に使っている叔父の孫一家には退去するように言えるのですか。

宜しくお願い申し上げます。
2017年11月13日 00時37分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 1、遺贈で土地の所有者になった孫は、建物収去土地明渡請求ができるのでしょうか。

 できます。

> 2、父の相続人である私は、土地の所有者でなくても建物収去土地明渡請求ができるのでしょうか。
>   例えば、私が相続放棄をしている場合、限定承認をしている場合はどうでしょうか。

 遺留分減殺請求をして一部でも土地所有権があればできますが、それ以外はできません。

> 3、叔父の死後、建物収去土地明渡請求を受けるのは、叔父の相続人全員ですか、それとも建物の所有者になった者ですか。

 所有者となった人に対して明渡請求できます。居住している人を訴えてもよいでしょう。

> 4、叔父の家と父の土地を、実際に使っている叔父の孫一家には退去するように言えるのですか。

 いえます。

2017年11月13日 06時30分

この投稿は、2017年11月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。
今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 建物名義人の孫が父名義の土地を、孫が土地と建物を売ると言い出して困っています。父は賛成しません

    土地の名義は父です。 建物は家主が亡くなり、孫の名義です。 今は父と母だけがその土地の建物に住んでいます。 しかし、孫が父の了承も得ていないのに、家と父名義の土地も一緒に売ろうと考えて父に話しています。 もちろん父はその土地を手放す気はありません。 今、父と母が住んでいる土地(父名義)と建物(孫名義)が...

  • 使用貸借させている土地の新たな建造物について

     父の土地に叔父が家を建てて住んでいます。元々祖父母が暮らしていた土地で父も叔父もその土地で生まれ育っています。祖父が亡くなって父が相続し、叔父は祖父所有の別の土地を相続しました。  父は結婚を機にその土地を出て駅近くの土地を購入しそこに家を建てて暮らしていました。  叔父は父の土地と家に住み続け、20年前に父の...

  • 土地の名義問題について

    現在住んでいる住居が立っている土地は亡くなった祖父が曽祖父から相続したのですが、その土地の半分ほどが曽祖父の兄弟の名義になっていて、その土地の所有者が1年ほど前に自己破産をし土地を売却してしまったために新しい所有者からその土地を買ってほしいと言われています 祖母の話では本来自分たちが相続した土地で、義姉(曽祖...

  • 亡叔父の登記申請

    亡祖父の代に持っていた土地の半分に今は廃屋となっておりますが、亡祖父・亡祖母の遺品などの物置として使っている建屋があります。祖父の事業を私の母の兄(叔父)が継ぎましたが、30年前に倒産した際、裏の土地を売却したものの、経緯(約束)も知らされぬまま廃屋そのままで現在に至ります。その建屋は登記もありません。その叔父も昨年...

  • 借地相続。父の借地権はどうなったのでしょうか?

    父が50年前に借地に家を建て生活していましが、その土地に5年前に兄が家を建てました。底地の買取依頼が地主からあったそうで、兄弟に相談なく兄が購入していまいた。父が今年亡くなり兄からその土地は自分名義人なっているから他の兄弟には相続するもんはないと言われまいた。父の借地権はどうなったのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。