相続の限定承認と債権の消滅時効

今年亡くなった父の財産について、3ヶ月前に限定承認が受理され、公告したところ、保証協会から債権届け出が通知されてきました。
父の経営していた会社の借金だと思うのですが、1
0年程前に代位弁済したもののようです。
これについて父の残した書類は何もなく、限定承認のときも知らなかったものです。限定承認なので、資産価額の範囲で弁済することもわかるのですが、この債権について消滅時効の援用はできるでしょうか?
2017年11月12日 12時33分

みんなの回答

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
ありがとう
> この債権について消滅時効の援用はできるでしょうか?
→最終支払い日からの期間にもよりますが、5年を経過している場合には、援用できると思います。

2017年11月12日 14時53分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県2
ありがとう
> 10年程前に代位弁済したもののようです。
@私見。可能だと思います

2017年11月12日 15時24分

この投稿は、2017年11月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。
今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 限定承認

    父は母と離婚し、独り暮らしでした。 その父が先月亡くなりました。 父の残した遺産は預貯金と、車のみです。 ただ、個人事業主をしていたこともあり、 負債、もしくは税金の申告漏れなどが心配です。 この数年は事業も開店休業状態で、無収入、年金暮らしでした。 限定承認という相続方法があると知りました。このケースで...

  • 資産状態が不明な状態での限定承認について

    20年ほど前に両親が離婚しており、その疎遠だった父親が死亡したらしく、先日役所の税務課より固定資産の相続人代表者届出書が届きました。その為、現状では固定資産があるらしいということしか分からず、限定承認しようかと考えております。 役所に公課証明書の発行手続きをしているところなのですが、それを確認したうえで、現地での...

  • 限定承認手続き後の債権回収会社との対応について

    父親が亡くなり、親戚の経営する店の返済不能な高額な連帯保証人になっていることを知っていたので、限定承認の手続きをしました。(放棄したかったのですが、母親、兄が、家を失いたくないとのことで、限定承認手続きをしました)四十九日も過ぎ、債権回収会社から電話がありました。とりあえず、裁判所に提出した限定承認の書類のコピー...

  • 債務承認弁済契約の有効性と借主死後の債権回収について

    20年ほど前から数年にかけて、知人に貸金として現金を手渡しで貸し付けました。 個人間の金銭貸借なので、借用書は書きませんでしたが、念のため領収書はいただきました。 借主は返済する意思はあるというので、双方で話し合いの上で期限を決めて、改めて弁済方法を決めようと言うことになり、債務承認弁済書を作成することにしました...

  • 限定承認 債務の立替と保証債務

    父の遺産につき限定承認を検討中です。 相続対象は子ども二人です。 父は自営業を営み主な遺産は不動産と現預金です。 ①債務が、父の現預金などの範囲で弁済できれば不動産をすぐに売却しない予定ですが、父の遺産の現預金では払いきれないが、私が立替できる範囲であれば、立替も可能でしょうか?ちなみに父の不動産を先買権で買...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。