母に遺産を全部相続させるなら

公開日: 相談日:2011年08月25日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

先日父が亡くなり、母と子供二人で相続の検討をしています。
遺産は、土地・家屋とわずかな預金だけですので、これからも住み続ける母に不動産も預金も相続させようと考えています。
この場合、子供二人は相続放棄の手続きをすればよいでしょうか。
それとも遺産分割協議書も作成し、相続放棄したことを記載しておくのでしょうか。
また、税金などの面から1人に集約させず、遺産は分割したほうがメリットがあるのでしょうか?

74600さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    税金については、小規模宅地等の特例の範囲内か基礎控除額以内かなどによって異なってきますし専門外ですので、回答を控えさせて下さい。
    但し、配偶者(お母様)が相続される場合には軽減措置もありますので、税務署に問い合わせて下さい。

    「遺産は、土地・家屋とわずかな預金だけですので、これからも住み続ける母に不動産も預金も相続させようと考えています。 この場合、子供二人は相続放棄の手続きをすればよいでしょうか。 」
    とのことですが、「相続放棄」は被相続人(お父様)に債務が存在した場合に、相続人がそれを免れることができる手続です。もちろん、債務が無くても放棄しても良いのですが、手続も複雑ですので、このようなケースで用いられることはほとんどありません。

    遺産分割協議で相続人をお母様だけにし、他の方は「放棄」するだけでよろしいのではないでしょうか。
    ※ここでの放棄は、相続放棄と違って裁判所での手続は不要です。「遺産分割協議書」という書面の上で行うものと考えて頂いて差し支えありません。

    遺産分割協議書の作成とそれに基づく相続の登記は、弁護士や司法書士が行っていますので、そちらにお問い合わせ下さい。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    このような場合には気をつけることがあります。
    お母さんがすべて相続できるようにお子さんが相続放棄しても、すべてお母さんの物にならないのです。子供が全員で相続放棄してしまうと、死亡者の直系尊属(第2順位)や兄弟姉妹(第3順位)という次の順位の人が法定相続人になってしまうからです。
    ですので、質問された方は相続放棄はせず、相続分をもらわないように遺産分割協議をするべきでしょう。

この投稿は、2011年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す