相続放棄後の財産管理人選任申立てについて

相続放棄予定です。
相続を放棄した後は相続財産管理人をたて、財産整理をしたいと考えています。
被相続人の財産は、預金、給料、退職金などで約80万円他、更地の土地(時価300万円ほど)
借金が500万円です。
この状態で手続き費用、特に予納金はどれほど用意が必要になるでしょうか。
2018年05月03日 17時21分

みんなの回答

新保 英毅
新保 英毅 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
不動産の処分が必要なケースであれば予納金は50万円以上となることが多いと思います。
予納金は、主に相続財産管理人の報酬を確保するためのものですので、予想される業務内容や業務量により変わります。
申立てをする家庭裁判所で事前に相談してみるのも一法かと思います。

2018年05月03日 18時00分

相談者
自分で相続財産管理人の選任を申し立てなくても債権者が自らしてくれることはありますか?

2018年05月03日 18時11分

新保 英毅
新保 英毅 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
予納金も含めある程度回収見込みがあると判断すれば、債権者が申立てをすることも考えられます。
なお、予納金は相続財産財団から優先的に清算してもらえます。

2018年05月03日 18時17分

この投稿は、2018年05月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺品の中からブランド品が…売却したら相続放棄できなくなる?

亡くなった人に借金があり、相続放棄を検討している時に、遺品の中からブランド品が出てきたーー。このような場合、ブランド品を引き取って使ったり、...

遺品整理をすると相続放棄できなくなるのか【弁護士Q&A】

亡くなった人に借金などマイナスの財産がある場合、相続放棄を考える人もいるでしょう。では、相続人が亡くなった人の遺品整理をする場合、それが単純...

遺品整理が終わった後に借金発覚…相続放棄できる?【弁護士Q&Aまとめ】

遺品整理をした後に、亡くなった人の借金が発覚した場合、相続放棄をすることはできるのでしょうか。遺品を廃棄したり、持ち出したりしていても受理さ...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 少額管財事件での自宅売却の可能性について

    個人の自己破産、少額管財事件での自宅売却の可能性について 残産として遺産分割未了の不動産があり、相続分2分の1,不動産の固定資産評価額が500万円程度の場合。 破産者以外の相続人が破産者の共有持分の買取も、自身の持分と合わせて全体としての売却も拒否している場合。 管財人は、遺産分割裁判ないし調停の申立までして、...

  • 遺留分減殺請求における不動産の時価と路線価の差額 税金は?

    相続の遺留分減殺請求をいたしました。 すでに不動産登記が済んでいたため価額賠償となりました。 遺産は不動産、金融資産他、約10億円です。 不動産の評価を合意の上、「不動産は時価計算」で受取りました。 修正申告は「路線価計算」で申告しました。 他の相続人は「時価で計算した賠償金」を更正申告したようです。 1、...

  • 固定資産税の滞納および延滞金についての相談

    現在、下記の土地を相続しました。 固定資産税の評価額  :4000万円 負債1:土地担保の借金:2000万円(住宅ローンではない) 負債2:市の差押   : 500万円(固定資産税 滞納金 300万円、延滞金 200万円) 借金が多い為、固定資産税の滞納金および延滞金が何とかならないかと考えています。 固定...

  • 税金の滞納について

    複雑なのでややこしくなります。 法定相続人はA,B,C,D、Eの5人です。 財産は現金と不動産があります。 現金が全部で100とします。 不動産価値を60とします。 現金は本来ならば100÷5で一人当たり20に なるはずでした。 しかし、AとBが現金の横領をしてしまったので 本来100あるはずの現金が60...

  • 超過特別受益の返還、また、特別受益とみなされない場合における返還義務発生要件について

    A(被相続人)には、BとC(相続人、いずれも子)がおり、 Aの死亡時の残余財産額 10万円 ・・・① Aの生前にBに贈与された生前贈与額 50万円 ・・・② (※)金額は仮定 である場合、次のとおり質問いたします。 質問1. BおよびCが、各々、①の残余財産額 ÷ 2 = 5万円 ・・・③  を相続(残余財産ベ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

財産処分・管理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。