土地と建物の名義が異なる場合と相続放棄について

公開日: 相談日:2015年10月23日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

下記の場合、どのように対応すればよいか教えてください。

親が他界。

親が住んでいた家が残りました。

親の名義の建物(家)ですが、土地は私の名義です。

相続放棄をしました。

自治会や近所等から、貴方の土地の上にあるものなのだから、建物を壊すなり、ものやゴミ等散乱する前にどうにかするよう指摘あり。

相続放棄をしたので、建物や親の物を触ることができない。ゴミや物も片付けることができない。

ポイントは、私の土地の上にあるものである。
相続放棄をしているので、土地の上にある親の財産には触れない。



394695さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 394695さん

    タッチして回答を見る

    土地を早く売りたいが、親の名義の建物が残っており、売ることができない。

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位
    タッチして回答を見る

    相続放棄の結果、誰が相続人になったのでしょうか。相続人になった人の了解を得て建物をこわせばいいのです。ごみなどの不要物の処分には承諾はいりません。あなたが処分していいのです。家の相続人がいないのでしたら、場合によっては相続財産管理人の選任の申し立てをあなたの責任ですべきであるかもしれません。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    相続放棄をしたので、建物や親の物を触ることができない。ゴミや物も片付けることができない。

    建物についてはそうなのですが、その建物に土地の利用権限がそもそもないとするなら、あるいは利用権限が消滅しているなら、建物収去土地明渡請求は考えられます。
    相続人になった方へ交渉するとか、裁判をするということが考えられます。
    相続人が誰もいないのであれば、相続財産管理人の選任を申し立てて、同管理人と交渉することも考えられます。

この投稿は、2015年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す