相続税の対策、方法について。

実家の土地の名義変更についてお伺いいたします。実は昨年、土地の所有者であった母が亡くなり、母の意志として、ギャンブル好きの兄には土地の相続をさせたくはなく、兄の息子(孫)に相続させたいということでしたので、そのまま手続きせずにしておきました。しかし、このたび、土地の一部が公共事業に引っ掛かり手続きを迫られております。売るのは構いませんが、名義を兄にするのがいいのか、孫にするのがいいのか、手続き費用や相続税や手続きの手間などを鑑み、どうすれば最良か、教えていただけますでしょうか?!兄も私も土地は放棄し、孫でいいと思っておりますが、税が高くなるとか手間が大変であるとか、分からないのでよろしくお願いいたします。
2014年07月17日 11時10分

みんなの回答

國安 耕太
國安 耕太 弁護士
ありがとう
お母様は遺言書を作成されていたのでしょうか。
もし、そうでないのであれば、お兄様のお子様は相続人ではありませんので、相続税ではなく、贈与税の対象となってしまいます。
贈与税は、相続税よりも高額になりますから、一度税理士等に相談した方がいいように思います。

2014年07月17日 11時42分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ご質問では、
お母さんの遺言書はなかったようです。

お母さんが亡くなった後3か月以内であれば
お兄さんに相続放棄をしてもらって
孫が相続することは可能だったと思います。

しかし、昨年亡くなったということは
3か月以上経過していると思いますので
法律上の相続放棄はできません。

すると、孫の名義にするのは
贈与税の問題が発生する可能性があるので
税理士に相談した方がよいと思います。


2014年07月17日 12時43分

相談者
そうでしたか。。動きが遅かった訳ですね。結果的には、孫への変更は面倒になるわけですね。ご丁寧な回答ありがとうございました。大変参考になりました。

2014年07月17日 13時21分

弁護士A
ありがとう
お母様の相続で,お兄様が土地を相続したうえで,お兄様からお兄様のお子さんに贈与ということであれば,相続時精算課税制度を利用して,2500万円までの特別控除枠(非課税)が利用できます。

土地の一部が現金化されるのであれば,「教育資金の一括贈与についての非課税制度」を利用すると,1500万円までの贈与は非課税となります。

制度の詳細などは,国税庁のサイトなどで詳しく掲載されていますし,税理士に相談なさるとよいでしょう。制度を利用する場合,申告期限に申告をしないと通常の贈与税がかかることになりますので,その点は要注意です。

もちろん,お母様の相続で相続税が発生するかどうかとは別の話です。

2014年07月17日 13時35分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
すみません。

3か月以内であればお兄さんに放棄してもらい
孫に相続させることができると
申し上げましたが、
相続放棄は、
代襲相続原因にならないことから、
3か月以内にお兄さんが放棄したとしても
孫に相続させることは無理でした。

だから、遺言書を書いてもらわない限り
孫に相続させるのは難しい
ケースだったということでした。

間違った説明をしてすみませんでした。

2014年07月17日 14時41分

弁護士B
ありがとう
孫等の直系卑属が代襲相続できる場合は、法定されています(民法887条2項)。
そして、放棄の場合は、代襲原因になりませんから(887条2項の自由にあたらない。)お兄様が相続放棄をした場合、お兄様の子どもであるお孫さんは、相続することができません。
*887条2項
「被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。」

したがって、たとえ3か月以内であっても、ご質問の事例では、お兄様が相続放棄をした場合、お兄様の子どもであるお孫さんは、相続することができません。
そのため、時期的な問題というよりは、お母様が遺言書等で指定するしかなかったといえます。

2014年07月17日 14時45分

相談者
皆様、大変詳しい説明ありがとうございました。とても参考になりました。いずれにせよ、母の想い通りには行けないようで、一旦相続人を兄に変更するのがベターなようですね。

2014年07月17日 22時26分

この投稿は、2014年07月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺品の中からブランド品が…売却したら相続放棄できなくなる?

亡くなった人に借金があり、相続放棄を検討している時に、遺品の中からブランド品が出てきたーー。このような場合、ブランド品を引き取って使ったり、...

財産整理 l 家族の相続手続きの手間を減らすために生前にできること

あなたが複数の銀行口座や不動産を残したまま亡くなった場合、その財産を相続する家族は、解約や名義変更などの手続きを何度もしなければなりません。...

【相続税】被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続します。相続税の計算をするために...

家族に残す土地に相続税が生じるかを調べる方法を解説

あなたの土地を家族が相続するときに、「相続税が生じるかどうか」、「相続税の金額はどのくらいか」ということを事前に知っておきたいという人もいる...

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 土地と家の名義変更 相続 について

    父名義の土地付きの家が2つ、土地のみが1つあります。 父が亡くなり、家は2軒あるので、そのまま 1軒は母と兄、もう1軒は私が住んでおります。 このまま父名義にしておいて、母が亡くなった時に、子供である私と兄が1軒ずつ相続しよう…と決めていたのですが、 今回、母が「名義を母に変更しようと思う。税金の関係もあるし、...

  • 恥を忍んで…

    母が60で再婚し、相手の方に新居を建てて頂きました。 新居の場所は元々、私の祖父の土地と家で、 祖父は90過ぎですが健在です。(ただ初期のアルツハイマー症) 母も相手の方も再婚同士。 相手の方の身内は、どうやら結婚には反対のようでした。 半ば絶縁状態で結婚したのだと思います。 (実際はわかりませんが…) そして...

  • 土地家屋の相続について。土地を相続するのは誰になりますか?

    土地を相続するのは誰になりますか? 2年前に父が他界しましたが、その時は母の生活があるため、母と亡き兄と私で話し合い、土地家屋と預貯金をわけませんでした。土地家屋の名義は亡き父のままです。兄は今年急逝しました。 母が他界したら、「いずれはお前が相続することになるから」と親戚に言われましたが、土地家屋の名義が亡...

  • 形見分けと遺産相続。宝石や美術品はどう扱われるのですか?

    先日母方の祖母が亡くなりました。祖母には娘が4人おります。しかし、うちの母が祖母より先に他界しているので、代襲相続で一人娘の私に相続の権利があります。祖母は30年前に祖父に先立たれ、その後、自分名義の土地に家を建てて一人で住んでいました。お茶の先生をしていたので、茶道具や美術品、そして宝石やブランド物の洋服等、...

  • 祖父(他界)して40年以上の相続について

    父が祖父から貰うはずだった土地が、本家の孫によって、勝手に登記の名義を変更され 父への名義変更へ変えたいと言う申し出に答えてくれません 父は三男で父の親(祖父)から土地を一か所貰う話になっていたそうです 祖父は自分(相談者)が生まれる前に他界しており、他界後は本家の長男(父の兄)が畑として使用しておりました、本...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

財産処分・管理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。