法定相続人が皆相続放棄し、相続財産管理人が選任されない場合、その不動産はどうなりますか?

公開日: 相談日:2013年11月27日
  • 1弁護士
  • 1回答

父が死亡しました。資産の中に実家(土地と建物)の持分2分の1が含まれるのですが、後で別の負債が判明することを恐れているので、相続放棄を考えています。
法定相続人が皆相続放棄をした後の「相続財産管理人の申立」ですが、現在判明してる負債は1社当たり最高60万円程度なので、債権者が申立をしないことが考えられます。
このように利害関係者が相続財産管理人の申立をしなかった場合、その不動産の持分はどのような扱いになるのでしょうか?
残る2分の1は長男の持分ですが、固定資産税は半分だけ払い続ければよいのでしょうか?

・母は既に他界しています
・父が死亡したことで、その家には誰も住む予定がありません。
・住宅ローンは兄が背負っており、一括で返済できる見込みはありません
・父は自宅で自殺だったので、事故物件となってしまいました

長男には相続の意思がありません。
よろしくお願いします。

216875さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    理屈だけ言えば、相続人が居ない財産は、国の所有と成ります。しかし半分は長男の所有とのことですから、長男が相続するのが常識的です。国が半分所有している形の物件は、処置に困るでしょうね。固定資産税は登記分に従って負担します。

この投稿は、2013年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから