父の借入を内縁の妻が自分自身の財産から支払った場合。相続放棄できない?

公開日: 相談日:2022年02月11日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
父が他界しました。
それまでは内縁の妻(質問者の母)と同居をしておりました。
一度、離婚はしましたが、再度寄りを戻して同居をしていたみたいです。

父が他界後、分かったことですが、
内縁の妻に死亡保険金が下りるよう、掛け捨ての保険に加入。
父が契約者・被保険者になっており、受取人は内縁の妻になっております。

そのような中、内縁の妻が受け取った死亡保険金で、
父の債務を返せないかと聞かれたのですが、母は
離婚をしている以上は、相続人ではないから、
返さなくてもいいと伝えましたが、
なるべく兄や、兄が相続放棄した場合の第二順位の相続人に
債務を負わせるのが申し訳ないとのことでした。
第二順位の相続人も相続放棄をするもできると伝えておりますが、
それすらも、迷惑かかるからと一点張りでしたので、
このケースの場合はどうなるのか、質問をさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

■相続人

第一順位
兄(音信不通)次男(質問者)長女
この内、質問者の私と、長女は相続放棄を検討中です。
兄については、音信不通で、父の死亡を伝えることができず、相続放棄をするかしないか不明です。

第二順位
父の兄弟

■被相続人 財産
内縁の妻に支払われる、死亡保険金
17年落ちの中古車(軽自動車)

【質問1】
内縁の妻が受け取る死亡保険金で父が抱えている債務を支払うのは、法律上、問題はないのか。また私たちが行う、相続放棄に支障はないか。
例:車の車両保険や携帯料金、亡くなるまで入院していた間の医療費等

【質問2】
内縁の妻が父名義である車の名義変更(父から内縁の妻へ)や廃車(処分費用は内縁の妻の負担)を自ら行った場合についても、法律上問題はないか、また相続放棄に支障はあるか。

1113749さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府7位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 受取人指定のある生命保険金は相続財産とは別個の受取人固有の財産です。
     そして、自分の固有財産をどのように使おうと自由ですので、固有財産から被相続人の債務を第三者弁済することも可能です。
     このことは、相談者ら法定相続人が相続放棄する支障にはなりません。
     ただし、法的には支払う必要がないのと、債権者が他の債務も引き受けてくれるのかと期待する可能性もあるので、あまりいいことはないと思います。

    2 亡父名義の車を廃車できるのは、相続人だけでしょう。
      そして、相続人がこれを行うと、相続財産の処分として相続放棄の支障となるおそれがあります。
      なお、車が無価値であり保管費用がかかる場合に保存行為として処分することは許容されまずが、慎重に対応した方がいいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位
    タッチして回答を見る

    質問1について、内縁の妻は法定相続人でないので、第三者弁済になります。法定相続人の相続放棄については支障がないかと思います。法定相続人が法定単純承認に該当しないからです。
    質問2については、内縁の妻が父名義のある車を名義変更することは問題があります。法定相続人と内縁の妻との間で贈与契約などを原因として名義変更することになるからです。法定相続人は法定単純承認になる可能性があります(但し、兄が行方不明なので譲渡は困難です)。廃車も法律上は名義人(=法定相続人)がする必要がありますので、債権者から問題視された場合は、相続放棄に支障をきたす可能性があります。ご参考にしてください。

  • 相談者 1113749さん

    タッチして回答を見る

    肥田 弘昭 先生

    本当に分かりやすい
    ご回答ありがとうございます。

    車の処分については
    慎重に行っていきたいと思います。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました