遺産分割協議について

公開日: 相談日:2015年08月19日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

借金の相続人を遺産分割協議書で決めても、それは相続人の間での申しあわせであり、債権者には対抗できないのはわかりましたが、逆に預金の場合、遺産分割協議書で相続する預金全てを一人の相続人にした場合、銀行側はその一人の相続人だけの署名捺印の手続きで応じるものなのでしょうか?

377042さんの相談

回答タイムライン

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    預金の場合、遺産分割協議書で相続する預金全てを一人の相続人にした場合、銀行側はその一人の相続人だけの署名捺印の手続きで応じるものなのでしょうか?
     法的には、銀行に遺産分割協議書を提出すれば、そこで決まった相続人だけの署名捺印で手続きができるはずです。
     しかし、それに応じる銀行は少ないと思います。
     銀行は、一般的に、銀行所定の手続書類に相続人全員の署名捺印をして印鑑証明書を添付しないと、解約や名義変更には応じません。
     不満である場合は、遺産分割協議書に基づいて
     銀行相手に訴訟すれば勝訴できると思います。

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました