時効完成?の判断と相続人への督促

18年前に公正証書契約で(保証人無し)確定させた債権1300万円があり その後に行方不明になっていた債務者の居場所が最近になって解ったので督促を再開させたところ時効を口頭で主張してます(時効援用なし破産歴なし)。法的回収は無理なのでしょうか? また債務者所有の土地を相続する予定者へ相続が確定後に督促する方法には無理がありますでしょうか?




2012年11月30日 11時15分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
公正証書に返済期限が記載されている場合はその返済期限(返済期限の定めがないときは貸付け時),一部返済があるときは最終の返済日から10年で消滅時効の援用が可能です。
本件では公正証書の内容を確認する必要がありますが,相手方は口頭で時効を主張しているようですので,上記から10年以上経過しているのではないでしょうか。とすれば,既に債務者から消滅時効の援用がなされたと考えられますし(時効の援用は書面でなくても可能です),仮に訴訟を提起しても,答弁書などで改めて時効を援用してくることは確実と思われます。
現在の相手方の対応からすれば,あなたの側で,時効期間が経過していないことまたは時効中断事由があることを立証できなければ,法的に回収することは不可能でしょう。

2012年11月30日 12時07分

相談者
ご教示ありがとうございます。しかし10年ほど前に私が対面で
督促したボイスレコーダーの存在があります。これは時効の中断事由として認められる可能性はあるのでしょうか?

何卒 よろしくお願いします。

2012年11月30日 12時35分

大橋 賢也
大橋 賢也 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
催告をしても,6か月以内に裁判上の請求等をしない限り,時効中断の効力を生じません(民法153条)。したがって,ボイスレコーダーが存在しても,訴訟提起等をしていなければ,時効中断事由にはなりません。

2012年11月30日 12時46分

相談者
ご教示ありがとうございます よくおわかりましたので法的には諦めようと思います。

2012年11月30日 13時13分

この投稿は、2012年11月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続放棄】亡くなった人宛の督促状が…支払いに応じてよい?

相続人が相続放棄を検討中、亡くなった人宛に借金の督促状が届いた場合、支払いに応じてよいのでしょうか。支払った場合、相続放棄に影響する可能性が...

未払い養育費の時効の対処法や督促の流れ

未払いとなっている養育費は、期限が来ると請求できなくなることがあります。ここでは、養育費の時効を解説したうえで、請求を行う方法や、注意すべき...

相続人の中に行方不明者が…遺産分割をどうやって進めればよい?

相続人の中に、連絡がつかない行方不明者がいる場合、遺産分割の話合いをどうやって進めればよいのでしょうか。こうした疑問について「[みんなの法律相...

【相続】故人の財産や借金、遺言の有無を調べる手段【弁護士Q&A】

相続の手続きを進めることになったとき、まずは、どのような財産があるのか、亡くなった人が遺言を残していないかを調べる必要があります。これらの調...

行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議を行う「不在者財産管理人」の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要です。相続人の中に行方不明の人がいる場合、その相続人に代わって遺産分割協...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 不動産の取得時効 民法162条

    不動産の取得時効の条件に付いて教えて下さい。(当方零細企業)                  事実関係は以下。                                       21年前に個人と土地売買の契約をしました。(契約の公正証書有り・仮登記済み)支払完了時に所有権移転と本登記の約束が記載され...

  • 時効(商業上の債権)の中断について

    2年の短期時効が適用される、商業上の債権についてお伺いします。 時効中断の方法としては以下の方法があります。 1)請求 裁判上の請求 ① 支払督促の申立て ② 訴訟の提起 ③ 民事調停の申立て ④ 即決和解の申立て ⑤ 任意出頭による訴え ⑥ 破産手続き参加 ⑦ 更正手続き参加 ⑧ 再生手続き参加 2)裁判外の請求(催告)...

  • いかなる債務も債権も無いとの和解調書の条項の効力

    期限までに振り込みがなされなければこの条項は自動で無効になるか、。 ならねば原告にとって不利な条項であって不平等和解なので無効との訴訟はできるか。

  • 競売配当にて根抵当権仮登記で配当受けるには?

    3年ぐらい前に、債務者Aは貸金業者Bから不動産担保に融資を受けました。私はBからAが債務不履行したらAの不動産を買い取って欲しいとのことで了承しました。少し経ってAが債務不履行し、私と売買契約(相場の7割)し、念のため債権の範囲を売買目的として売買金額と同額の極度額で、根抵当権仮登記を設定してもいい、仮登記承諾書兼登...

  • 自動契約更新条項がない場合の契約更新のための覚書発効日

    以下のケースにおいて、覚書発効日の観点から、原契約は適切にその地位を承継(契約更新)されたと判断して良いでしょうか。 ・原契約の有効期間 2017年3月31日 ・覚書の発効日   2017年4月1日 ・その他; 原契約に自動更新契約条項なし。契約延長する時は、有効期間内に書面により合意する必要ありとの記載。 ・...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続 借金の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。