借金の相続と名義変更について

公開日: 相談日:2022年09月18日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
自営業を営む父が借金をしており、返済がきびしい状況にあります。

【質問1】
仮の話ですが、借金を残したまま、父が亡くなった場合に相続は破棄する方向で考えています。
名義変更で、父の持ち家と土地を母の名義に変更すれば、家と土地を回収されることはなくなるのでしょうか?

【質問2】
質問1が、否の場合、何年間かの期間が経過していても同じことなのでしょうか?

1186252さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    仮の話ですが、借金を残したまま、父が亡くなった場合に相続は破棄する方向で考えています。
    名義変更で、父の持ち家と土地を母の名義に変更すれば、家と土地を回収されることはなくなるのでしょうか?

    父親の存命中にやっておけば、回収される可能性は低いでしょうね。
    ただし、債権者を害することが分かっていて行う取引ですから、詐害行為取消を主張されて、責任追及受ける可能性がないともいい切れません。

    【質問2】
    質問1が、否の場合、何年間かの期間が経過していても同じことなのでしょうか?

    詐害行為取消は、債権者が知ってから2年または取引から10年の経過で、行使できなくなります(民法426条)。

    第四百二十六条 詐害行為取消請求に係る訴えは、債務者が債権者を害することを知って行為をしたことを債権者が知った時から二年を経過したときは、提起することができない。行為の時から十年を経過したときも、同様とする。

この投稿は、2022年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました