叔父の債務が相続放棄によって自分に降りかかってきた

公開日: 相談日:2020年09月28日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

叔父が亡くなり、多額の債務を抱えておりました。
叔父の妻と子供は財産放棄する事を決め、叔父の兄弟姉妹も、亡くなった兄弟姉妹については、その子供たちも財産放棄しなけれならない状態です。
叔父の借金は、叔父の妻は生前から知っていました。叔父の妻は叔父の会社の取締役でしたので。
後の人々は叔父の借金のことは何も知らず、亡くなってから、叔父の妻から、知らされました。と同時に妻は放棄する、子供も放棄する、そして私たちにまで債務が襲ってきたのです。
債務者となってしまった叔母のひとりが住んでいる土地屋敷は亡くなった叔父が6割、叔母が4割持っていてつまり、共有で所有している土地屋敷に叔母が住んでいます。
財産放棄することになると、叔父の持ち分の6割は差し押さえとなりますよね?
この6割の土地は叔父の名義にはしてありますが、近い将来、現在残っている親族で現金化し、分配する予定でした。
がしかし、今回、このような事になり、分配することも出来なくなりました。

叔母は高齢で自分ではなかなか動けないこともあって、姪の私が、飛行機に乗って叔父の妻の指定した弁護士に会いにいったり、交通費の他に、電話、郵送等にかなり出費をしております。
何よりも、精神的な打撃も大きく、心身ともに疲れ果てています。
こういった状況で、叔父の兄弟姉妹、姪甥など巻き込まれてしまった私たちは、叔父の妻に何かしら保証を求めることはできるのでしょうか?

財産放棄は叔父の家族を借金から守ってくれる法律だと思いますが、巻き込まれてしまった人たちが守られる法律はないですか?
大事な土地も失い、精神的にも苦痛を味わい、何もすべはないのでしょうか?

教えていただけるとありがたいです。

959587さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府5位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。
    被相続人(叔父)の妻にいろいろ言いたいことはあるでしょうが、妻が相続放棄したことについて法的責任を問うことはできないでしょう。
    相談者は、相続放棄をされるといいでしょう。
    被相続人と不動産を共有していた叔母はなかなか難しい立場です。相続債務回避を最優先にするのであれば相続放棄した上で、場合によっては相続財産管理人の選任申立をして、財産管理人から叔父名義の共有持分の買取を交渉できる場合があります。
    あるいは、叔母が残った唯一の相続人であれば、限定承認をして、相続財産の限度で相続債務を返済するという方法もあります。
    いずれにせよ叔母としては、弁護士に依頼して対応された方がいいでしょう。

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから