借地権の相続の調停について

公開日: 相談日:2020年09月05日
  • 1弁護士
  • 1回答

裁判所から調停の書類が届き叔父(母の兄)より借地権の評価額の半分を請求されています。
どのように対応すべきでしょうか

経緯
・現在の住居は生まれてからの住居で借地となります。
・元々は祖父母が借地権を有していた住居となります。
・住居には3世帯で生活をしておりました。
・10年ほど前に祖父母が亡くなりました。
・祖父母より遺産となるのは現在住んでいる住居と借地権のみです。
・その際、叔父より母に遺産分割の要求がありましたが拒否したようです。
・これは30年ほど前、叔父の独立の際に祖父より贈与があり、祖父がこれを叔父への生前贈与の代わりと申していたためと思われます。
・贈与は借金という形で行われたようで、祖父と叔父の署名付きの借用書が見つかっております。
・叔父より借金については存在せず返済などは行っていないと書面にて明言されました。
・昨年母がなくなりました。
・昨年末叔父より書面が届き祖父母の遺産について分割の提案がありましたので、話し合いを求めました。
・しかしその後連絡がなく、先日調停の書類が届き叔父(母の兄)より借地権の評価額の半分を請求されています。

希望
・可能であれば叔父に相続を放棄してほしいですが可能でしょうか
・難しい場合は祖父から叔父への借金を考慮した上で遺産分割を進めたいです。

953338さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから