1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 相続放棄
  4. 熟慮期間
  5. 再転相続と相続放棄した場合

公開日:

再転相続と相続放棄した場合

2018年04月21日
祖父Aの死亡後1か月で、父BがAの相続の承認・放棄をせずに死亡しました。孫の私Cは、父Bに負債があったため、父の死亡後3か月の熟慮期間内に父Bの相続を放棄しました。そのため、祖父Aの相続の承認も放棄もできないことになりました。なお、父Bには、私以外に相続人はいません。また、祖父Aの両親は死亡しており、Aには妹Dが一人います。この場合、Aの妹DがAの相続人になるのでしょうか?
一説で、私Cが相続放棄しても、それによってBが持っていたAの相続分(第一の相続)がなくなるわけではなく、Aの相続分は依然としてBに帰属しいると考えられる。だから、Aの妹は相続人になれないのではという意見があると聞きました。Aの妹DはAの相続人になれるのか、なれないのか、お教えをください。
相談者(653899)の相談

みんなの回答

相談者(653899)
祖父Aの直系卑属、直系尊属には相続人はいないということになり、Aの妹が法定相続人になるというのが自然な考え方だと思うのですが、いかがでしょうか?

2018年04月21日 10時48分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
ありがとう
Bは熟慮期間内にAの相続について相続放棄をしたわけではありませんので,BがAの相続を単純承認したことになると思います(民法921条1項2号)。

ですので,ご相談者様がBの相続について相続放棄をしても,Bについて相続人不存在の状態になるだけで,Aの財産はBが相続した状態で,相続財産法人が成立するものと思います。

利害関係人が相続財産管理人を選任すれば,管理人は,Bの固有財産と,BがAから相続した財産を管理することになると思います。

Bが相続放棄をしていないのに,DがAの相続人になることはないと思います。

2018年04月21日 13時31分

相談者(653899)
早速のご返事、ありがとうございます。Aの死亡の1か月後にBは死亡しています。相続放棄の熟慮期間は3か月ですね。そうすると、相続放棄の熟慮期間内に死亡したわけですから、その後、相続放棄した可能性もあるわけで、だからこそ再転相続というものがあるのではないでしょうか。相続後、3か月たてば単純相続をしたことになりますが、1か月後の死亡で相続放棄をしていなかったから単純相続をしたとはいえないのではないでしょうか?

2018年04月21日 14時34分

相談者(653899)
Aの相続につきその法定代理人Bが承認または放棄をしないで熟慮期間3か月以内に死亡した場合に、Cは再転相続人となり、Bは被再転相続人になるのではないでしょうか。現実にBがAの相続人になったとき、末期の癌で承認も放棄もできる状態ではありませんでした。

2018年04月21日 14時46分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
ありがとう
ご相談者様は,Aの相続を放棄したわけではない(Aについての相続放棄受理申述を家庭裁判所に行っていない)事案だと思いますので,やはりDがAの相続人になることはないと思います。

Bについて相続財産管理人が選任されれば,相続財産管理人が,Aの相続について相続放棄をできる可能性はあると思います。

2018年04月21日 14時57分

相談者(653899)
再転相続の法律解説では、「再転相続とは、熟慮期間内に、本来の相続人が相続(①相続)を承認または放棄する前に死亡した際に、本来の相続人(被再転相続人)の相続人(再転相続人)が自分の相続の権利(被再転相続人の相続②)とともに、①相続を承認または放棄する権利を引き継ぐことをいいます」「相続をする、しないを決定する熟慮期間内に意思の決定をしないまま相続人が死亡した場合その法定相続人がその相続に関する権利を引き継ぐこと」とあります。相続放棄していなかったから再転相続が成立しないというのは、いかがなものでしょうか?

2018年04月21日 15時22分

相談者(653899)
法律書には、「CがBの相続を放棄した場合、その後、Aの相続について承認と放棄のいずれもなし得ないことについては学説上異論はない」とあります。つまり、Aの相続放棄をしなくてもBの相続放棄をすれば、CはAの相続については承認も放棄もできない、つまり、無関係になるということではないでしょうか?

2018年04月21日 15時35分

相談者(653899)
この弁護士ドットコムの法律相談の「再転相続人の相続放棄とその後の相続」という相談では、同じような事例で、Aの兄弟が相続人になると回答されているのですが。

2018年04月21日 15時42分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
ありがとう
> Aの相続放棄をしなくてもBの相続放棄をすれば、CはAの相続については承認も放棄もできない

→それはそうだと思います。

ですので,現状,Bは,Aの相続放棄をしていない状態となっています。

BがAについて相続放棄の申述をしない限り,DがAの相続人になることはありません。
DがAの相続人になるのは,相続放棄によって,BがAの相続人でなかったとみなされる(民法939条)からですので。

BがAの相続開始後1か月で亡くなり,熟慮期間が2か月残っていることを考えると,
Bの相続財産管理人が選任されてから2か月以内は,Aの相続について相続放棄をすることができるのではないかと思います。

従って,Bについて相続財産管理人が選任され,相続財産管理人がAの相続について相続放棄申述を家庭裁判所に行った場合には,DがAの相続人になる,と思います。

2018年04月21日 16時04分

相談者(653899)
法律解説によれば、再転相続における子Cの選択肢として、「祖父A、父Bともに相続放棄する」というパターンがあり、これを選んだ場合に限り、父Bの相続放棄手続きをすれば、自動的に祖父Aの相続も放棄したことになるため、あらためて、Aの相続放棄手続きをっする必要はありません」という記述がありますが。

2018年04月21日 22時52分

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続放棄】熟慮期間を過ぎてから借金が発覚!どうすればよい?

亡くなった人の借金を相続したくなければ、原則として、「被相続人が亡くなったこと」と「自分が相続人であること」を知ってから3か月以内(熟慮期間)...

【新型コロナ】相続放棄の手続きを熟慮期間内におこなえない場合に期限を延長する方法

相続放棄の手続きは、原則として、被相続人が亡くなり、自分が相続人になることを知った時点から3か月以内(熟慮期間)に行う必要があります。しかし、...

【相続放棄】熟慮期間の延長や期間超過後の相続放棄は認められるか

相続放棄の手続きは、原則として、被相続人が亡くなり、自分が相続人になることを知った時点から3か月以内(熟慮期間)に行う必要があります。ここでは...

亡くなった親の借金を子どもが相続放棄したら孫が代襲相続するのか

被相続人(亡くなった人)が死亡した時点で、本来の相続人(子・兄妹など)がすで死亡していたような場合、その「本来の相続人」をとびこえて、孫やお...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 熟慮期間経過後の相続放棄について

    非相続人Aが亡くなって、相続人Bが相続分の承認や放棄をしないまま亡くなった場合、Bの相続人Cが『AからBへの相続分を放棄して、BからCへの相続分のみ受け取りたい』と考えました。 そしてCは家庭裁判所に再転相続人として手続きをしに行きました。 Bが亡くなった事をCが知ってから3ヶ月経っていますが、 AとBは同じ車に乗り同じ...

  • 死亡者に代わってする相続放棄

    Aが死亡した後にBが死亡し、Bの相続人はCDEです。 Aには借金があり、Bには財産があります。 Aの相続放棄を亡Bに代わってするには、CDE全員でしないといけませんか? C一人で「亡B相続人C」と書いて申請したところ、 裁判所より、「Bの債権相続人としての申述ですね?」と確認の電話がありました。 債権相続人って...

  • 親死亡時に相続放棄したのですが、親の親が死亡した場合、代襲相続放棄は必要でしょうか?

    親が死んだときに相続放棄したのですが、 今回親の親(私にとって祖母)が死亡しました。 改めて相続放棄の書類を家裁に提出しなければならいのでしょうか?

  • 両親死亡後、一旦財産相続した孫が死亡した場合の相続は、父方祖母のみ相続か、母方祖父母も相続するのか

    相続について相談致します。 夫と私には一人息子がおり、結婚して子供もおります。 夫と息子夫婦が同時に死亡した場合、 夫の財産は、私と孫が相続する事は理解しています。 息子の財産も子供である孫が相続する事も分かります。 一旦相続した孫がその後死亡した場合に、相続した財産は、孫に配偶者と子供が居ない場合は、 1/孫...

  • 再転相続

    被相続人Aが死亡して20日後に妻Bが死亡。 調査の結果,Aの預金が,A.Bの死亡後,Aの相続人Cにより全額引き出されていました。 Bの相続人である私にも相続権がある可能性があるので,この件についてCに指摘したところ, Aの死亡後すぐに遺産分割協議を行いCが相続したとのこと。 銀行への調査では,引き出しの際に遺産分割協議書...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄に注力する弁護士

熟慮期間の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。