叔父の負の遺産を放棄したい

独身の叔父がいます。将来、叔父が死亡したとき
負の遺産を相続したくないので相続放棄の手続きをとりたいのですが、付き合いが全くないので
叔父が死亡したのを知らずに長期間経過してしまう可能性があります。この場合叔父が死亡したのを知った日が、自分に相続が発生したのを知った日であると認められるのでしょうか?それから三ヶ月以内に手続きすればいいのでしょうか?
2017年10月02日 21時39分

みんなの回答

芦塚 増美
芦塚 増美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県5
ベストアンサー
ありがとう
交流がない、葬式に参加していないなどの事情があり、死亡を知らないときは相続放棄が可能です。これについては、家裁も弾力的な運用をしていますので、死亡を知ったら、直ちに家裁に申請ください。死亡の事実から3ヶ月経過しても、あきらめないでください。

2017年10月02日 21時45分

この投稿は、2017年10月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続放棄】熟慮期間を過ぎてから借金が発覚!どうすればよい?

亡くなった人の借金を相続したくなければ、原則として、「被相続人が亡くなったこと」と「自分が相続人であること」を知ってから3か月以内(熟慮期間)...

【遺産相続】亡くなった人のペットを引き取っても相続放棄はできる?

相続の手続きをする際、亡くなった人が生前に飼っていたペットを引き取りたいと考える人もいるでしょう。では、亡くなった人に借金があり相続放棄をす...

借金を抱えたが親族が亡くなったら…知らない間に借金を相続することになる?

親や配偶者に多額の借金があることがわかっている場合、彼らが亡くなって相続が発生する前に、相続放棄の手続きを行って安心したいと思う人もいるかも...

【相続放棄】熟慮期間の延長や期間超過後の相続放棄は認められるか

相続放棄の手続きは、原則として、被相続人が亡くなり、自分が相続人になることを知った時点から3か月以内(熟慮期間)に行う必要があります。ここでは...

相続放棄l遺言書で指定された人が遺産を引き継ぐ権利を放棄をする方法

遺言書で相続人に指定されて遺産を引き継ぐことになったとしても、何らかの事情で遺産を相続したくないと考える人もいるでしょう。そうした場合、遺産...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 認知症の母の遺産相続

    祖父が亡くなり 認知症の母とその兄弟で遺産相続の話し合いがありました 私は母は認知症だから後見人をたててくれとお願いしましたが これは兄弟の話だからと言われ拒否され その結果 母は 書類に署名し 実印もかしてしまい 相続しませんの相続破棄の手続きをしてしまいました それから一年が経った今も後悔しています 今更 遺産相...

  • 一度代襲相続すると、父の負の遺産を放棄することができるか?

    死亡した被相続者(母)の遺言による相続排除の決定がなされた相続人(息子)がいます。この遺留分(現金)を代襲相続した子(孫)が請求・受領した場合、将来においてこの相続人(父)が負の遺産を抱えて死亡した場合、その子(孫)は遺産の相続放棄ができますか? ①すでに、父の代襲相続をしているのでできない。 ②今回はあくまでも祖母の遺産の...

  • 遺留分の請求について

    こんにちは。 遺産相続の事で質問です。 前夫との間に娘が1人います。 元夫の性格上、娘には遺産相続させない遺言を残すと思います。 その場合、遺留分の請求をすれば良いという事までは分かりましたが、色々と疑問点があります。 ①上記のような遺言が残されていた場合、娘には死亡したという連絡はどこからもきませんよね?...

  • 相続放棄の期限について

    父が亡くなり私含め子供は相続放棄をしました。(母とは離婚済。) その場合、遺産は親がいれば親、次に兄弟に行くかと思います。 祖父母はすでになくなっており、父の遺産は兄弟にいくと思いますが、その場合、相続放棄の時効は私達子供が相続放棄をして認められた(受理された)日から3ヶ月以内と解釈していいのでしょうか? 本来...

  • 死後認知による遺産分割

    父の死後、父の非嫡出子が死後認知を認められ、同時に遺産の分割を求めてきました。死後認知は父の死後3年以内で行われ、相続権は発生しています。ただし、非嫡出子の相続権が発生した時点で、それまでの法定相続人、配偶者と嫡出子による遺産協議分割書の作成は終了、遺産分割も終わっております。この場合、死後認知された非嫡出子の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

熟慮期間の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。