葬儀代と相続放棄について

公開日: 相談日:2020年04月17日
  • 4弁護士
  • 6回答
ベストアンサー

父親が他界しました。預金がある口座から葬儀代としてお金をおろすと 財産相続とみなされるのでしょうか。
相続自体は放棄する予定です。

912373さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    相続財産を「処分」すると法定単純承認となり、相続放棄が出来なくなってしまいます。
    相続財産から葬儀費用を支出することは社会的見地から不当なものではなく、ここに言う相続財産の「処分」にあたらないとした裁判例(大阪高決平成14年7月3日)があるので、単純承認があったとは擬制されないのではないかと思います。

  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 父親が他界しました。預金がある口座から葬儀代としてお金をおろすと 財産相続とみなされるのでしょうか。

    相続財産ではありますが、葬儀代(華美なものを除く)に充当することは社会的相当性があり、相続放棄の妨げにはなりません。

  • 相談者 912373さん

    タッチして回答を見る

    返答ありがとうございました。
    追加でお聞きしたいのですが
    現在、父の口座は凍結されております。
    銀行員からは、出金するには相続手続きをしてくださいと言われています。
    また、相続手続きをすると負債も相続することになりますと言われました。

    家族のみの葬儀で豪華なものではありません、
    出金のために相続手続きをしてもいいでしょうか?
    よろしくお願いします。

  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 出金のために相続手続きをしてもいいでしょうか?
    > よろしくお願いします。

    葬儀代相当額に限定すれば大丈夫と思われますが、念のため、相続全般を依頼する弁護士に確認されることをお勧めします。

  • タッチして回答を見る

    こんばんは、弁護士の宇野です。

    実務上は、葬儀代の支出が相続放棄を妨げる事情には原則なりません。

    昨年の民法改正によって払戻し制度(一定額の預金の引き出し(仮払い)が可能な制度)が新設されましたのでその活用もあり得るのではないかと思います。ただ、相続放棄との関係で慎重に判断・活用すべきでしょう。

    もしご葬儀前でしたら直葬の方法等も含めた解決手段があるように思いますので、一度ご相談されて方針を決めることをオススメします。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 父親が他界しました。預金がある口座から葬儀代としてお金をおろすと 財産相続とみなされるのでしょうか。
    > 相続自体は放棄する予定です。

      預金を解約することは、遺産を処分したこととなり、一般的には
    単純承認となってしまい、相続放棄はできなくなります。
      ただし、社会通念上相当額の葬儀代であれば、単純承認とはならない
      という判例があります。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    相続手続をするというのは、葬儀費用相当額を下ろして払ってしまったとは
    異なるので相続放棄との関係で微妙だと思います。
    できれば避けた方が良いと思います。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す