会社自己破産と相続放棄の質問です

公開日: 相談日:2019年12月13日
  • 3弁護士
  • 3回答

建設業の代表取締役である父が先日亡くなりました。
家族は母、長男(他界、妻子なし)、次男、三男(私)で、
会社には取締役の私一人で他に従業員はいません。

会社には1800万(銀行借り入れ、未払いなど)、父個人には1400万(銀行、消費者金融、会社土地ローン、税金滞納など)、母名義で80万(銀行)ほどの負債がありました。

とても会社継続、負債を背負うことはできないので、「会社自己破産」「代表、父の自己破産」「相続の放棄」を考えています。
父個人負債のうち、会社の土地のローンが700万は母が連帯保証人となっています。
母には保険金受取人としての480万と、遺族年金が入る見込みです。

会社の破産について
①破産を決めている限り、会社名義の支払い関係は一切手を付けないほうが良いですか?
②工事費の入金が見込めますが、そのお金もてを付けないほうが良いですか?(自分の給料分差し引くなど)

父個人の破産について
①会社や父名義で契約されている、私や母の保険料なども支払わないほうが良いですか?(未払いのままだと失効になる可能性があります)
②上記を私が立て替えで支払うこともしない方が良いですか?

母の負債について
①母の負債合計780万から保険金480万を引いても300万残り、60代で返済能力もないですが、
 ・相続放棄と同時に、母自身も自己破産するか、
 ・保険金で少しずつ負債を返済して総額を減らしていき、支払いが滞った時点で自己破産するか
 どちらが良いと思われますか?

ご回答よろしくお願いします。

876073さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府5位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    前提として、亡父について相続放棄されるのであれば、亡父の自己破産申立てはしません。
    するのは、会社の破産申立と母の債務整理でしょう。
    破産申立予定の会社について、一部の債権者のみに弁済すると偏波弁済として破産手続で否認される可能性があります。基本的には、すべての支払いをストップした方が無難でしょう。
    ただし、ケースバイケースですので、破産申立を依頼した弁護士とよく相談の上、対応された方がいいでしょう。

    相続放棄を予定している父の財産を処分すると単純承認として相続放棄の支障になります。
    どうしても父名義の保険の支払いをしたいのであれば、相談者のポケットマネーからするべきでしょう。

    母の債務整理について、支払い不能であれば自己破産でしょう。
    保険金で一部弁済した上で破産申立をする特段の合理性はないと思います。
    破産をしても一部は自由財産として保持できますので、弁護士と相談の上、方針を決めるといいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 会社の破産について
    > ①破産を決めている限り、会社名義の支払い関係は一切手を付けないほうが良いですか?
    ・・・支払い関係は行ってはいけません。
    > ②工事費の入金が見込めますが、そのお金もてを付けないほうが良いですか?(自分の給料分差し引くなど)
    ・・・代表者死亡ということで あなたが相続放棄をすれば代表者を選任することができなくなるはずです。 そうなれば 準自己破産申立となり 破産申し立て費用の他 特別代理人選任のための費用を裁判所に予納する必要が出てきます。これらの出費以外には手を付けないようにすべきです。依頼する弁護士の指示に従ってください。

    > 父個人の破産について
    > ①会社や父名義で契約されている、私や母の保険料なども支払わないほうが良いですか?(未払いのままだと失効になる可能性があります)
    ・・・会社名義の契約については 破産管財人と協議をして 解約金相当を管財人に支払えば 契約名義を変更し 引き継げる可能性はあります。
    父名義については 後日相続財産管理人などが選任された場合には 解約金相当を管理人に支払い契約名義を変更し継続していける可能性はあります。
    > ②上記を私が立て替えで支払うこともしない方が良いですか?
    ・・・会社の破産・父の相続放棄をする以上 支払うべきではないです。
     
    > 母の負債について
    > ①母の負債合計780万から保険金480万を引いても300万残り、60代で返済能力もないですが、
    >  ・相続放棄と同時に、母自身も自己破産するか、
    >  ・保険金で少しずつ負債を返済して総額を減らしていき、支払いが滞った時点で自己破産するか
    >  どちらが良いと思われますか?
    ・・・お母さんの今後の収入・生活をどうするかが問題で 私見としては 保険金で生活費を賄いながら 連帯保証債務について分割で支払っていき どうしても支払いが困難と判断して時点で自己破産申立という 後者をお勧めします。

  • タッチして回答を見る

    【会社の破産について】
    ①破産を決めている限り、会社名義の支払い関係は一切手を付けないほうが良いですか?
    はい。偏頗弁済のおそれがありますので。

    ②工事費の入金が見込めますが、そのお金もてを付けないほうが良いですか?(自分の給料分差し引くなど)
    これも同様ですね。
    精査した上で給料分等は支払うことが可能なケースもありますので,事実を調査して考える必要があります。

    【父個人の破産について】
    「相続財産」の破産という手続があり,当職も関わったことがあります。
    ただ,メリットがどこまであるかは事案を分析して考える必要があります。


    【母の負債について】
    ①母の負債合計780万から保険金480万を引いても300万残り、60代で返済能力もないですが、

     ・相続放棄と同時に、母自身も自己破産するか、

     ・保険金で少しずつ負債を返済して総額を減らしていき、支払いが滞った時点で自己破産するか

     どちらが良いと思われますか?

    どちらもありうると思います。一般論では前者の方ががメリットがあると思われますが,具体個別な事情に拠ると思われます。

この投稿は、2019年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから