弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続放棄のタイミングについて

成年後見人の付いている父が亡くなった場合、後見人から相続人である長女に相続財産を受理する様に求められると思います。
相続放棄を決めている場合は受理をしなければ良いと思いますが、まだ放棄するかしないかを決めかねている場合はどのくらい時間的な猶予はあるのでしょうか?
また一旦受理してしまうとその時点で相続を受けたとみなされる事になり、後で放棄手続きはとれないのでしょうか?

相続放棄は相続開始を知ったときから原則3か月以内ですから、お考えになる期間は3か月以内がメドであろうと思います。
ただ、被後見人が死亡した場合の管理計算報告は原則2か月以内となっており、その計算報告がなされるころに引き継ぎをするのがスムーズではあります。後見人から裁判所に事情が説明されれば多少融通がきくと思います。

法定相続人が引き継いだ財産の名義を書き換えたり、処分をしたりしなければ、「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」にあたりませんので、引き継ぎ後にも、放棄できる期間内であれば相続放棄が可能なのではないかと思われます。
> 相続放棄を決めている場合は受理をしなければ良いと思いますが、まだ放棄するかしないかを決めかねている場合はどのくらい時間的な猶予はあるのでしょうか?
>

亡くなったと知って3か月ですが、遺産が分からないのなどの事情があれば、家庭裁判所に延長を求めれます。

> また一旦受理してしまうとその時点で相続を受けたとみなされる事になり、後で放棄手続きはとれないのでしょうか?

処分となればそうなるでしょう。
一時保管の場合は何とも言えませんが、リスクはあるかと思います。(後見人は、自己の業務の終了として後見人としての口座から、あなた個人名への口座に移すわけですから。)
相続放棄をするかどうかを決める期間は
熟慮期間と言って
相続(被相続人の死亡)を知ってから
3カ月以内となります。
3か月以内に決められらない事情があれば
期間経過前に期間を伸ばす申立を
裁判所にすることができます。
早速のご回答ありがとうございます。
やはり相続放棄の意思がある場合は後見人からの遺産の受取手続き(2か月ですね)までにははっきりさせるのがいいのですね。
遺産などと言うものはないのですが、実際に売ることのできない過疎地の家と土地を相続するのは無理なので放棄をするつもりです。

近い家族がみんな放棄した場合、後見人は父の姉などに相続を求めるようになるとおもうのですが、全く相続人がいなくなったら後見人の仕事はどの様な形で終了する事になるのでしょうか?
はじめの質問から少しずれてしまいますが、もし娘である自分が後見人になってしまうと、死後の手続きが大変な事になるのかと後見人の申し立てを躊躇しているところです。

ふらふらさん
2018年04月25日 17時28分

みんなの回答

山岸 陽平
山岸 陽平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県2 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2018年04月25日 17時50分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2018年04月25日 19時46分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2018年04月26日 09時37分

ふらふら さん (質問者)

2018年04月27日 15時58分

この投稿は、2018年04月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,248名の弁護士から、「相続放棄に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未成年の相続人が相続放棄する場合に必要となる手続き

未成年の相続人が相続放棄する場合、未成年者の親権者または「特別代理人」が手続きをする必要があります。この記事では、未成年の相続人が相続放棄す...

亡くなった人の給料や退職金を受け取ると相続放棄できない?

相続放棄を行う場合に、亡くなった人の財産を売ったり使ったりすると、「相続することを認めた」(単純承認)と扱われて相続放棄ができなくなる場合が...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

相続放棄をすると亡くなった人の名義の家には住み続けることはできない?

亡くなった人の名義の家に住んでいる人が相続放棄をした場合、その家から出て行かなければならないのでしょうか。相続放棄をしても家に住み続ける方法...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

この相談に近い法律相談

  • 相続分の放棄と、相続放棄の申述の違いとは

    すべての相続を放棄したい場合はどちらになるのでしょうか?また、相続放棄をする際の注意点や、相続放棄しても消えないものなどがあったら教えてください。

  • 相続放棄について。知らされなかった場合はどうなるのでしょうか?

    離婚した父が亡くなった事をすぐに知らされずにいた場合、遺産相続放棄はどうなるのですか? 例えば、死後一年経ってしまったら相続放棄できないですよね? 知らされなかった場合はどうなるのでしょうか?

  • 相続放棄後、もし相続放棄の前に相続財産を消費していたことが判明した場合についての質問です。

    相続放棄後、もし相続放棄の前に相続財産を消費していたことが判明した場合についての質問です。 このような場合、遡って相続放棄が無効または取消になるということになるのでしょうか。

  • 相続人不在になった後、被相続人の資産処分はどうすべきか

    相続人の全員が相続を放棄し、相続人不在になったとします。 その場合のその後は、相続財産管理人が選任され、なお相続する者がいない場合最終的に国庫に帰属する事になるかと思います。 そこで質問があります。 相続財産管理人を選任するためには、家庭裁判所に『相続財産管理人の選任申立』を行う必要があると聞きますが、これは...

  • 空き家の相続放棄の疑問です

    空き家の相続放棄をしても、全員相続放棄をした場合、管理義務からは逃れられないとのことですが、その管理義務者は最後に相続放棄した人と書かれているサイトを見ました。それですと、最後に相続放棄する人というのは被相続人の兄弟等になり、早々に相続放棄できた配偶者や子供たちのほうが、言い方は悪いですが得になると思うのですが...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続放棄の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。