債務が大きい相続に対して、厚意の第三者が整理を申し出ている場合

 兄が死亡し、現金40万円・預金20万円ほどが残っていますが、医療費や税の未払、死亡時にいた賃貸物件の引払費用などで百数十万円の支払があり、相続放棄の検討を要します。
 しかし、兄にはそれなりの資力がある親しい同僚がおり、兄の資産・負債とも引き受け、不足分を自ら負担して整理する意向があるそうです。 相続放棄もそれなりに手間がかかるし、それで債務も整理されるなら問題はないように思えます。

1.例えば、親族の代表者が兄から相続したうえで、「今後判明した資産・負債も全て引き受ける」旨を記した書面を取り交わして直ちに同僚の方へ引き渡す、といったことは理論上可能でしょうか。
2.もし可能な場合、想定されるリスクはあるでしょうか。
3.そもそも、死亡後に発生した引払費用は相続の対象となるのでしょうか。

 なお、事後に多額の資産が判明しても、親族での引取意思はないものとします。
2017年04月08日 11時13分

みんなの回答

新保 英毅
新保 英毅 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
そのような方法はとらない方が無難でしょう。
相続した場合、たとえ相続債務について、第三者との間で債務の引き受けないし履行の引き受けの合意をしたとしても、相続債権者には対抗できませんので、第三者が約束を守らない場合は相続人が責任を負うことに変わりません。
また、相続債務がどれだけになるか分からない状況では、引き受けてもらう債務の特定もできないでしょう。債務の特定をせずに一切の債務を引き受けるという合意の法的効力は否定される可能性が高いです。
相続放棄するのが無難です。

2017年04月08日 11時42分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 1.例えば、親族の代表者が兄から相続したうえで、「今後判明した資産・負債も全て引き受ける」旨を記した書面を取り交わして直ちに同僚の方へ引き渡す、といったことは理論上可能でしょうか。
1.債務引受の合意ですね。
2.可能ですが,医療費の債権者や課税当局は,それでも,相続を承認した方に請求できます。
3.引受け債務を確実に履行する保証もありません。

> 死亡後に発生した引払費用
1.死亡により契約者の地位は相続人に移転。
2.契約終了時の引き払い義務も相続人に移転でしょう。

2017年04月08日 11時53分

大西 敦
大西 敦 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
 どうして、その同僚の方がそのような申し出をしているのか理解できません。
 相続人と同僚の方が債務を引き受けるとの合意をしたとしても、債権者が同意しない限りは、相続人が債務の支払いを免れることはできません。
 
 相続放棄は、必要書類を家庭裁判所に提出するだけで手間はほとんどかかりません。
 同僚の方と何らかの書面を取り交わすということになれば、その内容、相談者様側に不利益な点はないかどうかが問題になりますし、債務を免れることができないのは他の先生もご説明しているとおりです。

2017年04月08日 13時01分

相談者
 ご回答ありがとうございました。
 親族が確実に債務を免れる方法がない以上、相続放棄が確実ということで了解しました。
 また、死後に発生した引払費用を親族が負担するとの点も参考となりました。

2017年04月08日 13時16分

この投稿は、2017年04月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「相続放棄に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人の給料や退職金を受け取ると相続放棄できない?

相続放棄を行う場合に、亡くなった人の財産を売ったり使ったりすると、「相続することを認めた」(単純承認)と扱われて相続放棄ができなくなる場合が...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

【相続放棄の回答書】亡くなった人との交流状況や相続放棄する理由の書き方

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、後日、回答書という書類が郵送されてきます。ここでは、回答書に記載する際に、どのように書けばよいのか迷...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

亡くなった親の借金を子どもが相続放棄したら孫が代襲相続するのか

被相続人(亡くなった人)が死亡した時点で、本来の相続人(子・兄妹など)がすで死亡していたような場合、その「本来の相続人」をとびこえて、孫やお...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 法定相続人が皆相続放棄し、相続財産管理人が選任されない場合、その不動産はどうなりますか?

    父が死亡しました。資産の中に実家(土地と建物)の持分2分の1が含まれるのですが、後で別の負債が判明することを恐れているので、相続放棄を考えています。 法定相続人が皆相続放棄をした後の「相続財産管理人の申立」ですが、現在判明してる負債は1社当たり最高60万円程度なので、債権者が申立をしないことが考えられます。 このよ...

  • 分割協議時に特別受益分を持ち戻して分割にあたって時効はありますか。

    昨年父が遺言書を遺さずに亡くなりました。相続人間で今後分割協議していくこととなりますが、父が亡くなる直前に父の銀行口座から相続人Aが数回に分けて1千万円を引き出した履歴がありました。この預金引き出しを特別受益として、相続財産に持ち戻せるかや時効についてお教えください。 ①この預金引き出し分も相続財産に持ち戻しの...

  • 可分債権

    遺産分割審判にあたり、弁護士から、 不動産評価は固定資産評価や相続税評価でなく時価とすべきであり,その費用は遺産から支出すべきであること,預貯金等の可分債権については,遺産分割の対象とせず,個別の相続人が各金融機関に対し相続分に応じて支払を求めていくこととすべきであると主張したいと考えます。裁判所が審判する場合,...

  • 遺産相続 使い込み。理由がどこになるのか?

    私の両親は祖母を同居で介護しました。1年ほどは同居介護で その後、介護施設に入ることとなります。だだし、祖母の資産管理 も含めて祖母宅に亡くなるまで住んでいました。 同居で介護をスタートさせてから5年で祖母は亡くなりました。 現在相続について父と叔父、叔母がもめている状況です。 問題は介護期間の5年の間で約2,200万...

  • 相続財産の評価について(自社株式)

    100%自社株式を保有している事業主であった父が亡くなりました。 相続人は3人(配偶者、実子二人)で、配偶者と実子の縁組みはありません。 遺言があり、自社株式の100%と不動産全部は配偶者が相続する事になっています。 残る金融資産を配偶者二分の一、実子それぞれ四分の一に分割する事になります。 相続の対象外ではあります...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続放棄の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。