相続放棄における財産処分にあたるか

公開日: 相談日:2022年07月23日
  • 4弁護士
  • 4回答

【相談の背景】
母が他界し、相続放棄しようと考えています。
母は会社に在籍していましたが、病気のため直近は仕事に出られず給与発生はなく健康保険料等を会社に立て替えるもらっていました。
母の在籍していた会社に亡くなったことを伝えたところ、有給の買取と立て替えていた健康保険料等を相殺して、給与の発生があると言われました。
現金でも渡せるがと言われましたが、生前の給与口座に振り込んでいただくよう、伝えました。

【質問1】
この場合、財産の処分になりますか。相続放棄をできなくなるでしょうか。

1167478さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府7位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    単に故人の未払給料を故人名義の口座に振り込んでもらい、そのままにしているのであれば、相続財産の処分(相続放棄の支障)にはならないでしょう。
    なお、会社の規定で未払給料の支給先が遺族になっている場合は、相続財産ではなく遺族固有の財産となります。念のため規定を確認しておいてもいいかもしれません。

  • 弁護士ランキング
    熊本県2位
    タッチして回答を見る

    財産を処分したときは,原則として、単純相続したものと見なされています。
    ただ,お話しの事案の場合には,財産の処分には当たらないと思います。
    まず,有休の買取と健康保険料の相殺ですが,相殺は単独行為で、これを行ったものは会社になりますので,相続には影響しないと思います。
    次に給与については,戦前の給与口座に振り込むように伝えていますので,お母様のもらうはずであった給与がなくならないような措置を取った保存行為と思います。
    保存行為は例外的に,単純相続したものとは見なされません。
    従って,単純相続したものとは見なされず,相続放棄ができなくなることはないと思います。
    ただ,お亡くなりになったことで,お母様の給与口座は閉鎖されていると思われます。
    従って,送金できなかったとの連絡が会社から入ると思います。
    その際には,事情を話して会社で保管してもらうか,受け取らざるを得ないのであれば,銀行に相談して,お母様の給与を管理していると分かる名義で口座を作って,そこに保管し,次の相続人に渡せるようにしておくとよいと思います。

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    タッチして回答を見る

    質問1
    この場合、財産の処分になりますか。相続放棄をできなくなるでしょうか。
    回答1
    単に預金口座に振り込んでもらうだけなら、相続放棄に影響しません(民法921条)。ただし、引き出してしまうと影響するリスクがあるため、振り込まれてもそのままにしておくのが無難です。

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました