公開日:

法定相続の時効について

2016年04月26日
ベストアンサー
親の死亡の認知後の法定相続と、借金について教えてください。

1
10年以上全く交流がない植で、たとえば三年前に死んだ、と親戚から伝えられた場合、現時点が認知したタイミングで良いのか。認知に時効などはあるのか。
2
上記の状況で他の兄弟が遺産相続の分配を決めていた場合、死亡数年後に裁判等により遺産を得ることが出きるのか。遺産の額は生前の交流に関係なく均等に得れるのか。

3法定相続後に借金があると借金を相続してしまう事になるとのことだが、借金の有無、国内資産を全て法的に調べる方法はあるか。
相談者(446239)の相談

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
1については、死後の認知請求は死亡後3年以内にしなければなりません。
2については、法定相続分どおりの請求になりますが分割が終わっている場合には法定相続分に相当する金銭の請求になります。
3.借金に有無については、個人信用情報機関に対する開示請求をすることが考えられますが、保証人の有無までは明らかになりません。資産については、不動産は県税事務所での名寄せで判明しますが、各都道府県ごとに調べる必要があります。預貯金等その他の財産は何らかの手がかりをもとに個別に照会していく必要があります。一覧できるシステムはありません。

2016年04月26日 17時46分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
1
子からの認知の請求は,父の死亡の日から3年までとされています(民法787条ただし書)。あくまで「死亡の日から三年」であり「死亡したことを知った日」ではないことに注意が必要です。父親の死を聞かされた時点で死後3年が経過していれば,もはや認知してもらうことはできません。

2
仮に死後認知が認められた場合は,認知の効力は出生にさかのぼり(民法784条本文),父の死亡の時点で相続人であったことになりますので,遺産分割が未了であれば,遺産分割協議に参加できることになります。
遺産分割が既に終わっていた場合は,遺産そのものの分割を求めることはできず,本来受け取れるはずであった相続分に相当する金銭の分配を求めることになります(民法910条)。

3
貸金業者や金融機関からの借金については,CICやJICCなどの信用情報機関の情報を確認すれば判りますが,それ以外に,一般的網羅的に借金の有無を調べることは難しいと思います。

2016年04月26日 17時47分

相談者(446239)
二名の先生から丁寧迅速にご指導頂き大変参考になりました。

2016年04月27日 00時32分

この投稿は、2016年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

【相続】認知症の相続人がいる場合の遺産分割の進め方【弁護士が解説】

相続人の中に、認知症で判断能力がない人がいる場合、遺産分割はどのようにして進めればよいのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.c...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

借金を抱えたが親族が亡くなったら…知らない間に借金を相続することになる?

親や配偶者に多額の借金があることがわかっている場合、彼らが亡くなって相続が発生する前に、相続放棄の手続きを行って安心したいと思う人もいるかも...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 法定果実について

    法定果実は相続発生から遺産分割が決まるまでの間は、相続人全員で分配すべき財産であると理解しているのですが、その賃貸収入物件は遺言書に長男にと指定されてはいますが、全体の遺産分割協議は決まってはおりません。 ①この場合は、遺言の有る長男に相続開始より法定果実は、すべてが長男にいくと考えてよろしいでしょうか。 ②全て...

  • 相続人が争っていても遺産相続を完了する方法について

     姉夫婦は父の全ての財産を生前管理し、父が他界すると父の全ての財産を私物化し、私に何も遺産相続させません。 私は、このような状態でも、あいまいにせず、裁判等を利用し、遺産相続を完了させようと思っています。 以前、遺産分割調停を申し出て遺産相続を試みましたが、相手方は全く話し合いに応じないため調停は不調になりま...

  • すでに亡くなっている人への遺言書の効力と、最高裁平成23年2月22日判決

    判例事項 「相続させる」旨の遺言により遺産を相続させるものととされた 推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合における当該遺言の効力 判決要旨 遺産を特定の推定相続人に単独で相続させる旨の遺産分割の方法を 指定する「相続させる」旨の遺言は、 当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が 遺言者の死亡以前に...

  • 遺言書による遺贈について

    叔母が亡くなり遺言書に一部遺産の有価証券(株)を知人へと 書いてありました。(裁判所に検認済です) 法定相続人は代襲相続となる2人のみです。 この状況で質問があります。 ①遺産が有価証券を含むと相続税がかかります。 遺贈する部分は相続人の相続税に加算されるのでしょうか? (誰が払うのか?) ②遺贈する知人が認知...

  • 相続財産管理人(民法918条2項)申立ての活用について

    財産状況が不明瞭であり、それを調査してもらいたいのですが、相続人は大変忙しくその調査に当てる時間等がありません。 このような状況で民法918条2項に基づいて相続人が相続財産管理人の選任を求めれば、利害関係者として、財産管理が困難として家裁に申し立てれば認められる可能性はありますか。 民法918条2項はこの相...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。