弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割調停

2016年07月19日

遺産分割調停とは:調停の流れと手続き方法

遺産分割協議にて話がまとまらなかった場合、遺産分割調停によって相続分を決定できます。遺産分割調停は裁判所を介して行う手続きですが、調停成立のためには相続人全員の合意が必要となります。以下では遺産分割調停の流れと手続き方法を確認しましょう。

目次

  1. 遺産分割調停とは
  2. 遺産分割調停の流れ

遺産分割調停とは

遺産分割調停とは、裁判所を介して相続人が遺産分割の話し合いを行う手続きです。調停では、裁判官と調停委員が対立している相続人の間に立って双方の言い分を聞き、客観的なアドバイスや妥当な分割案を示してくれます。最終的に、相続人全員が合意に至ると調停成立となります。 調停に至った場合は、当事者同士で争うよりも弁護士に相談したほうがよいでしょう。専門家に依頼したほうが双方の妥協点を探りやすく、早く解決できる場合もあります。弁護士費用について詳しくは、「遺産分割調停にかかる弁護士費用の相場」をご覧ください。

申立ての条件

遺産分割調停は相続人全員の合意で遺産分割の割合を決める場となるため、相続人と遺産の範囲が確定していることが申立ての条件となります。確定していない場合は、相続人調査や財産調査を行って確定させましょう。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

遺産分割調停の流れ

そもそも遺産分割手続きをする必要があるのは、遺産の中に、遺言で誰に相続させるか指定されていないものがあった場合です。遺産分割をするために遺産分割協議は必須ではありませんが、相続人が複数いる場合や遺産が多岐に渡る場合は協議を行います。

家庭裁判所に遺産分割調停の申立て

協議で話し合いがまとまらない場合、基本的な流れとしては遺産分割調停に進むため家庭裁判所に申し立てることになります。 申し立てられる人は以下のとおりです。

  • 相続人
  • 包括受遺者
  • 相続分の譲渡を受けた人

必要書類を揃えたうえで、調停をする相手方のうちいずれかの住所を管轄する家庭裁判所、または当事者が合意で定めた家庭裁判所へ申し立てます。 必要書類については以下のリンクをご覧ください。

調停期日に出席して話し合いを進める

裁判所で調停委員を介して話し合いを行います。調停は1か月に1回くらいのペースで進むため、半年以上はかかるとみておいたほうがよいでしょう。

遺産分割調停が成立した場合

相続人全員が合意すると、調停成立となります。裁判所で調停調書を作成して、遺産分割は終了です。その後、相続手続きを進めましょう。

遺産分割調停が不成立の場合

連続して調停に出席しない相続人がいた場合や、相続人全員の合意に至らなかった場合は調停が不成立となります。欠席した場合の影響に関しては、「 遺産分割調停を欠席したい:欠席の罰則や代理人の立て方」をご覧ください。 不成立となった場合は遺産分割審判へ自動的に移行しますが、特に新たな手続きは不要です。一般的には調停を行った裁判所で、引き続き審判を行います。 審判でも最終的に決定できなかった場合や、そもそも前提条件の相続人や財産の範囲について相続人間で合意が得られなかった場合は、遺産分割訴訟へと進みます。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

遺産分割調停に関する法律相談

  • 遺産分割に際し、専業主婦の貸金の取り扱い

    相続遺産分割遺産分割調停

    昨年父が亡くなり、母と姉妹2人の3人で遺産相続をすることになりました。 話し合いがこじれ、私が調停を申し立て、現在一回目が終了したところです。 一回目の調停で、母と妹が父に貸したお...

    1弁護士回答
  • 預貯金の遺産分割について

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    祖母の死亡(平成28年6月)後、預貯金が少額ですが12万円ほどあり、叔父がその預貯金を出金していました。 現在、遺産分割調停の最中なのですが、叔父の性格等を考えると、その出金したお金を...

    1弁護士回答
  • 10年以上前の相続について 配偶者使い込み

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    2004年に父が亡くなりました。母、兄、腹違いの姉と私が被相続人です。父は1985年に会社を倒産させたため、1990年に購入した不動産の名義(当時8千万円の家) は母のものです。父は倒産後は病...

    1弁護士回答
  • 株を売却した現金でなく、名義変更して株数で分割できませんか。

    相続遺産分割遺産分割調停

    株を分割する場合は、一旦株を売却し現金で売却するのが一般的ですか。私が希望するのは、株数で  分割してもらいたいのです、分割する対象の株は父から貰ったもので、保有期間が40年過...

    1弁護士回答
  • 特別代理人選任審判の書類の住所が変わった場合

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    元旦那が亡くなり、未成年の子供が相続人になるため裁判所で特別代理人選任の審判をうけましたが、その後引っ越しして、住所が変わってしまいました。 相続財産は前に住んでいた自宅で、私(...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

遺産分割調停の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...