弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割審判

2016年07月19日

遺産分割審判とは:審判の流れと手続き方法

遺産分割調停が不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと移行します。新たな申立て手続きは不要で、通常であれば審判についても調停を行った裁判所が受けつけています。審判では遺産分割協議や調停とは異なり、当事者間の合意ではなく裁判官が遺産分割について決定します。審判の流れや手続き方法を確認しましょう。

目次

  1. 遺産分割の流れ
  2. 遺産分割審判の流れ
  3. 審判後の相続手続きについて
  4. 遺産分割審判を欠席した場合

遺産分割の流れ

遺産分割は相続人間の話し合いで決めることができますが、協議で決まらない場合は調停・審判へと、以下の順番で移行します。

  1. 遺産分割協議
  2. 遺産分割調停
  3. 遺産分割審判
  4. 遺産分割訴訟

調停から審判へ

1と2の場合は基本的に相続人間の合意で決定しますが、3からは裁判官の決定に従うことになります。遺産分割に関しては、審判前に調停を経なければならない「調停前置主義」が採用されていないため、いきなり審判から始めることも可能ではあります。 ただし基本的には調停から始める場合が多く、調停が不成立となった場合に初めて自動的に審判へと移行します。原則としては調停の申立てから始めたほうがよいでしょう。

遺産分割審判の流れ

遺産分割審判の申立て

被相続人の「住所を管轄する家庭裁判所」に申し立てます。申立書は「裁判所|遺産分割調停の申立」から取得できます。 調停から自動的に移行した場合、新たな申立て手続きは不要です。通常であれば審判についても、調停を行った裁判所が受けつけています。

指定された日に裁判所へ出頭

家庭裁判所によって審判の日が決まりますので、指定された日に出頭します。審判については、裁判官が話し合いを進めます。 裁判所では、各相続人が書面で主張をします。裏付け資料の提出を中心に審判手続きが進み、各相続人が主張を行い、資料などの提出が終わるまで第1回、第2回手続き……と続きます。

審判(決定)

審判中にも相続人間で話し合いの場が持たれます。仮に話し合いで解決できれば調停成立とみなされ、調停調書の作成に移ります。調停で合意できれば審判は終了となります。合意に至らない場合でも、家庭裁判所による審判によって遺産分割が決定します。

不服申立て

審判の決定が告知された日の翌日から2週間で審判が確定します。審判内容に不服のある当事者は、2週間以内であれば即時抗告が可能です。審判をした家庭裁判所に申し立てます。即時抗告が認められた場合、次は高等裁判所の判断に委ねることとなります。

審判後の相続手続きについて

審判に基づいて相続手続きをする場合、通常の相続手続き時に比べると必要書類が減ることもあります。例えば相続登記をする場合、審判書謄本に被相続人の死亡日や住所が記載されていれば、被相続人の戸籍謄本は不要となります。 他にも必要書類が減る可能性がありますので、手続きをする際に裁判所で確認してください。

遺産分割審判を欠席した場合

欠席者がいても審判手続きは進行するため、審判自体に大きな影響はないでしょう。また、出席者が極端に有利に扱われたり、欠席者が極端に不利になったりすることはほとんどありません。 ただし、たとえ審判を欠席していても家庭裁判所が決定した内容は無視できません。また、欠席しているがゆえに自分の主張ができないというデメリットもあります。基本的には出席したほうがよいでしょう。

調停・審判になると、法律知識が必要となります。弁護士などの専門家に相談したほうがよいでしょう。相続の弁護士費用について詳しくは、「相続問題の弁護士費用 - 遺産分割や遺言、相続放棄などケース別の報酬相場」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

遺産分割審判に関する法律相談

  • 預貯金の遺産分割について

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    祖母の死亡(平成28年6月)後、預貯金が少額ですが12万円ほどあり、叔父がその預貯金を出金していました。 現在、遺産分割調停の最中なのですが、叔父の性格等を考えると、その出金したお金を...

    1弁護士回答
  • 10年以上前の相続について 配偶者使い込み

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    2004年に父が亡くなりました。母、兄、腹違いの姉と私が被相続人です。父は1985年に会社を倒産させたため、1990年に購入した不動産の名義(当時8千万円の家) は母のものです。父は倒産後は病...

    1弁護士回答
  • 特別代理人選任審判の書類の住所が変わった場合

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    元旦那が亡くなり、未成年の子供が相続人になるため裁判所で特別代理人選任の審判をうけましたが、その後引っ越しして、住所が変わってしまいました。 相続財産は前に住んでいた自宅で、私(...

    1弁護士回答
  • 共有名義の不動産の早期解決方法

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    私名義の土地があり、そこに家が建っています。 その家の5分の3が私名義。 残りの5分の2が昨年亡くなった祖母の名義になっています。 法定相続人が、叔父二人と私になります。 そして、その...

    2弁護士回答
  • 過去の判例を調べる方法について

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

    現在、20年近くもめてる田舎の土地で2度目の調停を行っています(1度目は取り下げとなりました)。 過去の判例で、参考になりそうなものがあるのですが、こういうものの詳細はどのように調...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...