遺産分割審判での現金の取り扱いについて

 遺産分割審判書で、遺産のうちの現金に対する記述がありませんでした
 
4年前に遺産分割調停・審判(被相続人は父親、相続人は母親と自分を含めた兄弟、申立人は母親)を行いました。

 裁判所に提出された財産目録には被相続人のマンションなどの他に預貯金と現金(かなりまとまった金額)が記載されており、相続税の申告書にも同様の額で申告されています。

 しかし審判書の主文にはマンションの分割に関することしか書かれていませんでした(母親が単独で所得する代償分割)。

 現金と預貯金に関することは一切書かれていません。現金は預貯金と違い可分債権であり、遺産分割協議の対象になるから裁判所の審判でもその分割方法に関して取り上げられるものだと思っていたのですが違うのでしょうか?

 現金は母親が保管していることになっているのですが、相続人の間で遺産分割協議をするか、相続人が単独で母親に法定相続分なりの請求をする必要があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします
2019年03月30日 13時49分

みんなの回答

内藤 幸徳
内藤 幸徳 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
現金も遺産分割の対象となります。
審判書を拝見していないので何とも言えませんが,遺産目録のうちの一部を遺漏して審判が出るということは通常考えられません(全相続人が一部分割に同意していれば別ですが)。
仮に審判に含まれていないのであれば,ご指摘のように当該部分について遺産分割協議が必要ということになります。

2019年03月30日 21時54分

相談者
回答していただきありがとうございますm(_ _)m

 母親側は主張書面で、現金は被相続人の入院中と死亡後に被相続人の預金口座から引き出したものだと主張。
 現金の3分の2ほどについては被相続人の入院費、葬儀代、生活費などのその他と、相続人全員分の相続税の納税に使ったと領収書と一緒に、残りの3分の1の使途は領収書はないが全部父親のためにほぼ全額使って現金は一切残ってないと主張していました。

 私はその時は無断の引き出しなのかどうかわからず、引き出しは特別受益に当たると主張しました。その主張に対して審判では失当であるとかかれていました。

 審判では、不当利得に関して家庭裁判所は管轄外なので、審判書では一切言及されないのかな?と思っていました。他の細かい売掛金や電話加入権についても書かれていません。

 父親は脳出血で入院しており、入院時から死亡まで意識が戻ることはなかったので引き出しが無断で行われたのは間違いありません。

2019年03月31日 22時10分

内藤 幸徳
内藤 幸徳 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
不当利得が争点になっていたのであれば、ご指摘の通り、民事訴訟で行う必要がありますね。

2019年03月31日 22時38分

この投稿は、2019年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割の3つの方法を詳しく解説l現物分割・代償分割・換価分割について

遺産の分け方には、大きく「現物分割」「代償分割」「換価分割」という3種類の方法があります。この記事では、それぞれの分割方法がどのような仕組みな...

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

相続税の申告期限までに遺産分割が終わらない場合の対処法

相続税は、「被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内」に申告する必要があります。しかし、申告期限までに遺産分割が終わらない場合...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 被相続人(父X)以外(長男A)が所有する建物がある土地の遺産分割調停・審判は?

    被相続人Xの遺産は、土地のみです。 相続人は、AとBの2人です。 Aは、X所有の土地に自分の家を建てました。 地代は払っていませんでした。 Xは、亡くなるまでAの家にAと同居していました。 AとBの間で、遺産分割の話し合いを持ちましたが、まとまりません。 土地の真ん中にAの家があり分筆は出来そうにありません。...

  • 遺産分割審判は取り下げられますか?(遺産分割の合意が全相続人でできました)

    遺産分割の調停を家庭裁判所で申し立てられました。私は相手方です。調停で、申立人の主張との隔たりが大きく、調停が不成立となり、審判に移行しました。調停では、裁判官からの調停案が出ています。審判の一回目が終わり、全ての相続人で話しあった結果、これ以上争いたくないと一致し、裁判官の調停案に近い形で分割の合意ができまし...

  • 遺産分割調停と審判について

    遺産分割でもめていて 話し合いでは解決しないので 遺産分割調停を申し立てようと思っております 相手は 埼玉で 私は 山口です この場合 相手方の住所地の管轄裁判所に申し立てをすることになると思うのですが 審判の申し立てなら 山口の 被相続人最後の住所地に申し立てることになりますが 初めから 審判を申し立て...

  • 遺産分割調停が審判になった場合

    遺産分割でもめていて 話し合いでは解決しないので 遺産分割調停を申し立てようと思っております 相手は 埼玉で 私は 山口です 調停がまとまらなかった場合 審判ですが 審判になった場合 山口で開かれるのですか そのまま埼玉になるのでしょうか 被相続人の最後の住所地は山口です

  • 遺産分割事件審判について

    遺産分割調停の件でお願いします。財産不明の中強引に他の相続人に署名印をされ印鑑証明さえ騙し取られました。相手側とすれば書類上は揃い不動産の名義変更登記済みです。その状況で相手側に対し遺産分割事件として調停を検討中です。調停の中全財産を明確にし更に分割を明確にしたいのです。調停で双方埒明かない時は審判で解決される...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。