弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割審判 : 遺産分割審判とは?流れや効力、即時抗告

遺産確認の訴え(遺産確認訴訟)は、遺産の範囲を決定するだけですか?

質問1 遺産確認の訴え(遺産確認訴訟)は、遺産の範囲を決定するだけですか? 強制執行できる判決を取ることはできないのですか?

質問2 遺産確認の訴えだけでは、強制執行できない場合、

1 遺産確認の訴え(遺産確認訴訟)+遺産分割調停を提起して仮執行許可のある審判
2 遺産確認の訴え(遺産確認訴訟)+損害賠償事件?のような訴訟をして仮執行許可のある判決

この上記の2つのどちらかを選択して仮執行許可のある勝訴をすれば、強制執行できるのですか?
遺産確認の訴えでは遺産の範囲(何が遺産か)を確認するだけです。
強制執行のためにはそもそも各相続人が何を相続したかを確定する必要があり、そのためには遺産分割協議が必要となります。協議がまとまらない場合は、遺産分割調停を経て審判を裁判所に出してもらう必要があるので、質問2の1の方法をとらないと、強制執行は出来ません。

ft243さん
2018年03月07日 01時19分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2018年03月07日 01時34分

この投稿は、2018年03月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,186名の弁護士から、「遺産分割に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割の決定に従わない相続人がいる場合の対処法?

遺産分割の話合いがまとまったにもかかわらず、その内容に従うことを拒否する相続人がいる場合、どうすればよいのでしょうか。「[みんなの法律相談](ht...

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

親子関係不存在確認の訴えとは?父子関係を解消する方法

残念なことに、すべての夫婦が円満とは限りません。実は不倫相手の子どもを育てていた、ということも起こり得るのです。子どもの成長につれて自分の子...

この相談に近い法律相談

  • 遺言無効確認の訴え時期について

    遺言執行者解任申立の裁判中に遺言の無効(民法908条違反)が発覚した場合、遺言無効確認の訴え時期について先生方にご教示頂きたく、よろしくお願い致します。 (質問)   1.執行者解任申立を取り下げて遺言無効確認の訴えをすべきでしょうか、それとも裁判の結果を待って   遺言無効確認の訴えをすべきでしょうか。  

  • 遺産範囲確認等請求控訴事件の判決

    タイトルの合意書で「前項の完了をもって、甲と乙との間には上記確定判決に基づく債権債務がないことを相互に確認する」と書いてあった場合、争った金額に対してはもう不法行為も不当利得も訴訟ができず、遺産分割協議はまだなのですがそちらで特別受益などの話しにすることはできるのでしょうか?

  • 遺産分割審判審理中の遺言無効確認訴訟や遺留分減殺訴訟の必要性について

    遺言書のようなものには押印がなく、また、検認を受けることもなく開封された経緯もあり、相手方は無効として扱うと主張しておます(当方の主張は法的に無効)が、念のため遺留分減殺請求の意思表示はしておりますところ、別途遺言無効確認訴訟や遺留分減殺訴訟の必要性はあるのでしょうか?

  • 遺産確認請求訴訟の和解について

    30年前に死去した祖父の不動産を巡る遺産確認請求の訴訟で被告となって本人訴訟をやっています。 原告は問題の不動産が祖父の遺産であることの確認を求め、被告は祖父の遺産相続は終了している(登記は変更していないものの、祖父の死去当事に作られた遺産分割協議書に基づき祖母(10年前に死去)他が相続した)旨を主張しています。 ...

  • 確認訴訟の判決について。次の事項は、正しいでしょうか?

    次の事項は、正しいでしょうか? よろしくお願いします。 確認訴訟の審理の過程において、担当裁判官が職権調査事項である「前訴確定判決の既判力に抵触する」旨の考えをもっており、原告が後訴で給付の訴えを提起したとしても棄却することになるとの認識があったとしても、形式上の給付の訴えが可能である場合には、「前訴確定判決...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。