遺産分割の審判書で登記をするとき

遺産分割で審判の手続き中です。
被相続人の遺産は土地と建物が一筆ずつです。
被相続人の死亡後、再転相続が複数発生しています。
相続人のうち一部の人が相続分の放棄をされています。
審判書で残った相続人で法定相続分の割合で共有する内容の審判が出た場合、審判で最終の持分しか記載されていなかった場合、うまく登記手続きが出来るでしょうか。
相続登記を何度か入れないといけないと思いますが、その際登記で面倒なことが起きないか心配です。
2016年05月21日 18時55分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
審判書で残った相続人で法定相続分の割合で共有する内容の審判が出た場合、審判で最終の持分しか記載されていなかった場合、うまく登記手続きが出来るでしょうか。

審判書の記載や内容次第でしょうし、何とも言えません。
それで登記手続きをしてみて、無理だった場合には再度検討するしかないでしょう。
審判の途中というのでしたら、今の段階で弁護士に相談されるのがよいでしょう。

2016年05月23日 08時27分

この投稿は、2016年05月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

かたくなに遺産分割に反対し、まともに話合いに応じない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。遺産分...

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 真正な登記名義の回復できますか

    私は実兄を被告とし、遺産分割協議書を偽造したとして土地を法定相続分被相続人に分ける真正な登記名義の回復判決を裁判所からいただき、登記をすませました。しかし訴状文に原告の一人を入れ忘れてしまい、被相続人はあと一人います。本件、遺産分割協議書は裁判所で偽造である認められている為、もう一人の被相続人も裁判を起こさず、...

  • 遺産分割協議審判について

    遺産分割審判が下り、不満な相続人が即時抗告し、棄却、確定しました。 祖父の遺産は田、宅地、父の遺産は田と居宅です。 分けることができないので、叔父のCが田全部と宅地を相続し、のこりの兄弟に(不動産の評価額÷相続人)支払う。 父の遺産も長女が居宅のみ相続し、残りの相続人に不動産の評価額を支払う、という内容です。 ...

  • 相続の差押え

    相続は、通常、相続人が死亡した時から始まりますが、相続人が死亡する以前に被相続人が相続する物(金銭や土地他)を差し押さえる事は可能なのでしょうか? 判例があるのであれば、判例についても教えて下さい。

  • 相続欠格、相続排除の方法

    現在、家裁で養子縁組無効裁判(被告は姉の息子17歳)、地裁で秘密証書遺言無効裁判(被告は姉と息子17歳の2人)を係争中です。両方の民事裁判で無効が確定したとしても、1/2の法廷相続分が姉にあることを納得できません。秘密証書遺言は遺言書の筆跡鑑定で署名欄が姉の字であることが判明。それ以外は全てワープロです。養子縁組は母の書名...

  • 相手方が欠席の場合

    審判や裁判で、相手方が出席しなかった場合、 相手方が答弁書や反論の書面を出した後であっても、 こちらの言い分が全て通るのでしょうか? 例えば遺産分割の審判や裁判などの場合、 相手方が一度答弁書などで遺産内容が違うと言っているが、 相手方はそれ以上出席もせず、 こちらも正確な遺産内容が分からないというような場合...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。