遺産分割調停について

公開日: 相談日:2022年05月26日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
遺産分割調停について。
法定相続人は3人です。

【質問1】
不調に終わり審判に行った場合、法定相続分の3分の1以上の判決がでることもあるのでしょうか?
寄与分などの法律的根拠による加算分がない場合です。

【質問2】
弁護士報酬について。
「経済的利益の〇%」とありますが、
遺産分割調停における経済的利益とは、何ですか?
例えば、遺産が300万円あり、法定相続分が100万円の場合はいくらになりますか。

【質問3】
審判の判決を出すのは、裁判官とありますが、
弁護士が裁判官として任命されることもあるのでしょうか?

【質問4】
寄与分や立替分について、調停ではどのように金額を決めていくのでしょうか?

1148023さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    タッチして回答を見る

    質問1
    不調に終わり審判に行った場合、法定相続分の3分の1以上の判決がでることもあるのでしょうか?
    寄与分などの法律的根拠による加算分がない場合です。
    回答1
    考慮すべき事情がない場合、法定相続分通りの分割になります。
    質問2
    弁護士報酬について。
    「経済的利益の〇%」とありますが、
    遺産分割調停における経済的利益とは、何ですか?
    例えば、遺産が300万円あり、法定相続分が100万円の場合はいくらになりますか。
    回答2
    経済的利益の解釈については、各事務所により若干異なることがあります。依頼されている弁護士に、直接問い合わせた方が正確です。
    質問3
    審判の判決を出すのは、裁判官とありますが、
    弁護士が裁判官として任命されることもあるのでしょうか?
    回答3
    ありません。
    質問4
    寄与分や立替分について、調停ではどのように金額を決めていくのでしょうか?
    回答4
    話し合いが基本です。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました