遺産分割の調停審判について

 現在、遺産分割協議で話しが纏まらず、遺産分割調停を行っているのですが、相手方の主張がどんどん変わっていくので相談させてください。
 遺産は、不動産1件と預貯金で、地域の風習で仏壇(祭祀継承)問題が付随しています。相続人は兄弟四人です。

 相手方の一人が、当初の協議の時には「①不動産は祭祀継承者が取得すべき(祭祀と不動産はセット)。②代償分割する資金はなく、祭祀継承者の負担を考慮し、祭祀継承者が遺産の全部又は半分以上を取得すべき」と言ってました。
 しかし、協議が纏まらず調停に移行し、継承順位などにより祭祀継承者が自分でないと認めた途端に、「①祭祀継承と遺産分割は別物。②遺産分割も等分にすべき。」と主張を覆しています。こんな事もあろうかと、当初の協議の時の録音データを残しています(相手方は知らない)。
 当方としては、祭祀継承者になるべき者と自負しており、継承するつもりですが、等分よりは多めに取得したいと考えています。
 ただ、相手方の一人は当初のような発言は一切してないと否定しており、今のままだと等分にしか成りかねない状況です。

 そこで、以下のとおり質問させてください。
① 調停または審判において、相手の虚偽の発言を証明し、当初協議どおり祭祀継承者が遺産を多めに取得するために、当初協議の録音データ(反訳書)を提出することは有効になり得るでしょうか?
② 仮に①が認められず等分になり、相続人の全員が祭祀継承を拒否した場合、どのような展開が予想されますか?遺産は等分となり、祭祀継承は別途調停で争うことになるのでしょうか?

先生方、ご回答のほど宜しくお願いいたします。

2019年08月27日 23時54分

みんなの回答

大岩 和紀
大岩 和紀 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県2 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
どう分けるか、という結論を変遷させた点をついても、この調停、審判における
結論にはあまり影響しないように思われます。

祭祀承継者について話し合いがまとまらないのであれば、別途、祭祀承継者を決めるための
調停申立が必要となります。

遺産分割、祭祀承継ともに、話し合いがまとまらなければ、審判に移行して
裁判官が決めることとなります。

ご自身のケースに即してどのような主張、立証を行うと祭祀承継、遺産分割で有利かにつき、
一度、最寄りの弁護士会等で具体的に相談されることをおすすめします。

2019年08月28日 09時54分

この投稿は、2019年08月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

遺産分割の3つの方法を詳しく解説 | 現物分割・代償分割・換価分割について

遺産の分け方には、大きく「現物分割」「代償分割」「換価分割」という3種類の方法があります。この記事では、それぞれの分割方法がどのような仕組みな...

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺産分割調停の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。