ベストアンサー

債権者死亡の場合の貸金返還請求訴訟で必要な書類

被相続人Aが,生前子どもBにお金を貸していました。
BはAが亡くなるまでに借金を返せませんでした。
B以外の相続人がBに対して貸金返還請求訴訟を起こすときの必要書類で質問です。
借用書以外に必要な書類は,
Aの住民票の除票,
Aの出生から死亡までの戸籍謄本,
Aの相続人の現在の戸籍抄本,
Aの相続人の住民票
も考えられると思うのですが,既に遺産分割調停を行っており,家庭裁判所に提出済です。
同じ建物にある地方裁判所にも提出の必要があるのでしょうか。
2017年11月26日 23時05分

みんなの回答

安武 雄一郎
安武 雄一郎 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
 この民事訴訟は、遺産分割調停とは別に、相続人が(相続により分割された貸金債権を)個別に債務者に対して請求するための裁判ですね。
 同じ建物の中にあっても、地方裁判所と家庭裁判所は別個の裁判所ですから、この案件の場合、地方裁判所にも同じ書類(相続関係および個々の債権者(原告)法定相続分を明らかにする(証明する)書類)を書証として提出する必要があります。家庭裁判所に提出していますというのは理由になりません。
 もっとも、家庭裁判所に提出したこれらの書類の写し(コピー)が手元にあれば、それを孫コピーして書証として提出することは差し支えありません(添付書類ではなく、あくまで書証として提出する場合、写しが原本であるとして提出することができますし、相続関係=法定相続分に争いがなければ相手方(被告)も戸籍謄本などの写しを原本として書証を提出することを問題視しないものと思います)。
 なお、厳密にいえば、相手方(被告)が相続関係・法定相続分を争わないのであれば、民事訴訟では、これらの書類を書証として提出する必要すらない(相続関係・法定相続分について争いがなければこれらを証明すること自体が不要となる)のですが、裁判所としては、被告が欠席した場合(欠席判決になる場合)に備えて、万一、相続分が間違っていればまずいので、戸籍謄本などの相続関係・法定相続分を証明する書類を提出してくださいと原告に言ってくることが多いと思われます。いずれにしろ、写しから孫コピーをとって書証として提出されてはいかがでしょうか(万一、写しを保管していないのであれば、相続人自身が家庭裁判所に提出された書類ではありますが、家庭裁判所に提出した原本を、裁判所に対し謄写申請して謄写してはいかがでしょうか)。

2017年11月26日 23時44分

相談者
安武先生,丁寧な回答ありがとうございました。

2017年11月27日 00時12分

この投稿は、2017年11月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

相続人がいない場合に「特別縁故者」として遺産を相続するための手続き

亡くなった人に相続人がいない場合、その人の財産はどのように扱われるのでしょうか。「亡くなった人と一緒に暮らしていた」、「亡くなる前に介護を行...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺産相続における調停不成立後の預金請求

    相続で家裁の調停が不成立に終わり審判に移行する事になりました。申立人(後妻)が既に預金を被相続人(父)死亡後全額を引出して請求に応じないため、地裁へ不当利得返還請求事件を提訴する事になりました。この場合、提出する訴状への添付物は調停不成立等証明申請書でしょうか?審判書でしょうか?尚、他相続人は実子である私と弟です。弟...

  • 限定相続人による取引履歴開示に除籍謄本も提出しなければならない?

    お世話になります。 昨年、父が亡くなり、その後、実家の土地2分の1(父名義)が担保に入っていることがわかりました。また、借金も多額にあったことから、母と兄は相続放棄、私は実家の土地を守る為に限定承認をしました。 官報に公告も載せ、すでに判明している債権者(消費者金融数社)に催告書を郵送したのですが、その中で一社...

  • 仮処分登記の取消について

    父が、昨年亡くなり、相続人は兄と私の2人です。全財産を兄へとする遺言がありましたので、兄が1か所の土地を兄名義にしたため、裁判所の嘱託により、その土地に1/4の仮処分登記をしました。その土地は、生前父が、売る契約をしていたのですが、父が認知症による判断能力が低下している間に、父の知人が文書を偽造して、契約されてい...

  • 普通借地権での契約終了時の土地の返還について。

    この度、普通借地権でコンビニと契約しました。ちかく、公正証書を作るのですが、内容が建物を撤去し原状回復して土地を返還する。と書いてもらうのですが、建物買取請求権をこうしされたらどうなるのでしょうか?

  • 遺留分減殺請求訴訟と有印私文書偽造の告発

    昨年私の母が亡くなり、全財産を妹に相続させる公正証書遺言があり、相続人は私と妹の2人です。母が生前土地を約1000万円で売却していました。(ただし、母の兄が母が認知症で意思能力に問題がある平成26年5月に契約)。 土地の売却代金1000万円は私の妹が受け取っていて、妹に私の遺留分の1/4の金額の返還を求めていま...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺産分割調停の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。