登記簿謄本 私文書偽装か

遺産分調停において現在住んでいる家を建て替えした時の住宅ローンの返済分を請求したいのですが
また 父と私の名前がはいった登記簿謄本を私が知らぬまに父ひとりの名前に書き換えられてしまっていたのですが30年も前の事なので時効ですかね…
2014年10月20日 18時35分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
30年も前の事なので時効ですかね

事情がよくわかりませんが,所有権に基づく請求なのであれば時効は成立しないと思います。
相手が時効取得することによって所有権が移転するということは考えられます。

2014年10月21日 06時53分

この投稿は、2014年10月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺産分割がまとまらなかった場合の手続きl遺産分割調停の手続きと進め方を解説

遺産分割協議がまとまらなかった場合、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てることになります。遺産分割調停では、裁判官と調停委員に間に入っても...

離婚調停中の住宅ローンはどちらが返済するのか

住宅ローンを組んでいる場合、夫婦で離婚に向けた話合いや手続きを進めているとしても、ローンの返済を続ける必要があります。この記事では、「離婚調...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 「◯◯(名前)他◻︎(人数)名」としか登記簿に書かれていない土地の共有者を調べるには?

    「◯◯(名前)他◻︎(人数)名」としか登記簿に書かれていない土地の共有者やその住所を調べるにはどのような方法がありますか?

  • 個人再生 家計簿について

    実際に個人再生が始まってからだと思っており、現在までまだ家計簿を付けていなかったのですが、申立必要書類の記載に、家計 受任後からの全て提出。以後も毎月継続して記入して下さいと書かれていました。2月15日を目処に提出。と書いてあり ますが、いまから家計簿を付けてるのはもう遅いでしょうか?過去のものは正直覚えていないです

  • 内容証明の通知人の住所は必須でしょうか?

    内容証明郵便で、夫に婚姻費用請求をしようと思っています。 現在は別居中で、住所を知らせていません。 (住民票は移しています) 夫ですので、戸籍を見られたらすぐにわかることなのですが、今の段階では今いる住所を知らせたくないです。 書面に、 被通知人 名前○○ ○○ 住所○○○○○ 通知人 ○○○○ ○○○○○ …と書いていくと...

  • 遺産分割協議(証明)書の最後の住所は現住所なのか本籍地なのかどちらでしょうか。

    >「遺産分割協議証明書 >本   籍   >最後の住所   >被 相 続 人   氏名 (平成 年 月 日死亡) Q1. 上記の最後の住所は、現住所ですか。本籍地ですか。     亡くなった時の住所でしたら、現住所という解釈で宜しいのでしょうか。

  • 登記事項証明書 本店

    質問タイトル:登記事項証明書 本店 質問本文:郵便物の宛名 執行文の住所と名前は同じで 現住所なのですが、 中にはいっていた、登記事項証明書で 本店という欄に記載されてる住所が 住所変更前の住所で実家になっています 名前は同一なのですが。 本籍も現住所も数年前に住所変更していて 郵便物の宛名で間違いないのですが、登記事...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺産分割調停の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。