弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割協議書

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分割後に預金の名義変更をする場合は、必要となる可能性が高いです。ここでは遺産分割協議書での預貯金の記載方法を確認しましょう。

目次

  1. 預金を相続する場合は遺産分割協議書を作成する
  2. 遺産に預金がある場合の遺産分割協議書の書き方

預金を相続する場合は遺産分割協議書を作成する

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし遺言書がなく遺産分割となった場合に、法定相続人が複数いて、かつ法定相続分と異なる分割をする場合には必ず協議書を作成しましょう。

実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多いです。特に遺産分割後に預金の名義変更をする場合は、協議書が必要となる可能性が高いです。必要書類については、必ず銀行に問い合わせてください。

遺産に預金がある場合の遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書に決まった書式はありません。相続する預金について、通帳と照らしあわせながら以下の内容を正確に記載してください。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 普通預金 または 定期預金
  • 口座番号

上記の内容と合わせて、金額について記載してもよいでしょう。

預金がある場合の遺産分割協議書のサンプル

遺産分割協議書
被相続人 見本太郎(平成◯年◯月◯日死亡)
生年月日 昭和◯年◯月◯日
本籍地  ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
最後の住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号


平成◯年◯月◯日、上記被相続人、見本太郎の死亡により開始した相続について、上記の者の相続人全員は被相続人の遺産について協議を行った結果、以下のとおり遺産分割を行い遺産を取得することに合意した。

1.次の預貯金は見本一郎が相続する。
◯◯銀行◯◯支店 普通預金 口座番号7777777
金1,000万円

2.次の預貯金は見本二郎が相続する。
◯◯銀行◯◯支店 定期預金 口座番号1111111
金700万円

3.相続人全員は、本協議書に記載していない全ての遺産について、見本花子が取得することに同意した。


平成◯年◯月◯日
住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号生年月日 昭和◯年◯月◯日相続人 (長男)見本一郎 実印
住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号生年月日 昭和◯年◯月◯日相続人 (次男)見本二郎 実印
住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号生年月日 昭和◯年◯月◯日相続人 (長女)見本花子 実印

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

遺産分割協議書に関する法律相談

法律相談を検索する

遺産分割協議書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...