認知症の母の遺産相続について

父が亡くなり、相続手続に入ろうとしています。相続人は、母、兄、私ですが、現在老人ホームに入居している90代の母は、認知症との診断を受けています。
母は、もの忘れはひどいですが、判断能力はあり、自分はいいから、兄と私のためになる相続手続をしたいと言っています。算数や漢字のドリルなども満点で、財産の内容もわかっています。
質問は、認知症の診断を受けていても、こんな場合、後見人を立てずに遺産分割協議を行うことは出来ますか?
遺産に土地もあるので、法定相続は難しいと考えています。
2019年03月26日 18時14分

みんなの回答

杉島 健文
杉島 健文 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 質問は、認知症の診断を受けていても、こんな場合、後見人を立てずに遺産分割協議を行うことは出来ますか?

理論的には、判断能力があるのであれば、後見人なしで遺産分割協議をすることは可能です。
ただ、判断能力があることを基礎づける資料を用意しておいた方が無難です。

具体的には主治医や脳神経外科のお医者様にかかり、判断能力があるという診断書を作成していただく、遺産分割協議時のお母様の様子をビデオ撮影しておくことです。

そういった行動をせずに遺産分割協議をされると、後々、判断能力がない状態でされた遺産分割は無効であると誰かが主張して泥沼の争いになる可能性もあります。

ご検討ください。よろしくお願い致します。

2019年03月26日 18時32分

相談者
早速のお返事ありがとうございます!
預貯金は、母の依頼でここ数年、兄と私で管理してきました。相続にあたり、預貯金は母がいらないと言っても、法定通りに分けたらいいのでは、と思っています。土地は、同居していた兄の家族が住んでいますので、兄が相続したら良いと思っています。

重ねての質問ですが、三者納得していても、やはり
診断書の取得はしていた方が良いでしょうか?
また、後から、誰か第三者、例えば税務署などが、認知症の判断能力について、指摘する可能性などはあるでしょうか?

2019年03月26日 19時01分

杉島 健文
杉島 健文 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 三者納得していても、やはり診断書の取得はしていた方が良いでしょうか?
三者納得していれば、診断書なくても良いかもしれません。
そこの判断はお任せします。

> また、後から、誰か第三者、例えば税務署などが、認知症の判断能力について、指摘する可能性などはあるでしょうか?

税務署はないですね。
それ以外の第三者も第三者が文句言う可能性はまずないでしょう。

2019年03月26日 19時32分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 認知症の診断を受けていても、こんな場合、後見人を立てずに遺産分割協議を行うことは出来ますか?

・・・認知症といっても判断能力に様々な程度がありますので必ずしも後見人が必要ではありません。

> 遺産に土地もあるので、法定相続は難しいと考えています。
> 預貯金は、母の依頼でここ数年、兄と私で管理してきました。相続にあたり、預貯金は母がいらないと言っても、法定通りに分けたらいいのでは、と思っています。土地は、同居していた兄の家族が住んでいますので、兄が相続したら良いと思っています。

・・・預金については遺産分割協議書 お母さんの実印・印鑑証明などがあれば解約が可能でしょう。
不動産の相続登記については 司法書士がお母さんに面談し判断能力を確認する可能性があります。判断能力がないとして 登記手続を進められない場合には お母さんご存命中はお父さん名義にしておかれてもよいのではないでしょうか。

2019年03月26日 22時23分

相談者
ご回答ありがとうございます。
誰に聞いてもわからなかった疑問が解けて、安心できました。
母の想いを大切に、遺産分割協議を進めたいと思います。本当にありがとうごさいました。

2019年03月27日 00時28分

相談者
ご回答ありがとうございます。
誰に聞いてもわからなかった疑問が解けて、安心できました。
母の想いを大切に、遺産分割協議を進めたいと思います。本当にありがとうごさいました。

2019年03月27日 00時31分

相談者
また、不動産登記については、目からウロコの回答を頂き、ありがとうございます。
相続人で相談してみます。

2019年03月27日 00時40分

この投稿は、2019年03月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,803名の弁護士から、「遺産分割に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割協議の進め方l遺産の分け方を決める話し合いの流れを解説

「誰に相続する権利があるのか(法定相続人)」と「残された財産はなにか(遺産)」が明確になったら、具体的に遺産をどのように分けるのか相続人全員...

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

【相続】認知症の相続人がいる場合の遺産分割の進め方【弁護士が解説】

相続人の中に、認知症で判断能力がない人がいる場合、遺産分割はどのようにして進めればよいのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.c...

認知症の相続人がいる場合の相続手続きと後見人・保佐人・補助人の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)には相続人全員の参加が必要ですが、認知症などにより、自分の財産を管理するための判断能力が不十分な相...

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺産分割協議の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。