占有の取得時効について。何か解決方法はないでしょうか?

平成10年、マンション1室を兄弟で相続しました。半分ずつの共有名義ですが、相続時から現在まで兄一家が居住しており、家賃等、持分相当の利益は一切得ておりません。
そこで、現在の状態を解消しようと協議をしましたが、
解決できませんでした。
そこで、質問ですが、相手方に占有の取得時効を主張されたのですが、この場合もあてはまるのですか?
登記済み権利書には持分半分ずつと明記があります。
確かに相続から約12年、この問題にたいして協議・要求はしたことがないですが、
私としては、相続時に押し切られた形で現在まで至っているとの認識です。
何か解決方法はないでしょうか?
よろしくお願い致します。
2010年05月28日 22時19分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
10年では時効取得されません。相手は貴方の持ち分があることも分かっていますので悪意です。

ただ,このままですと20年後に時効取得されます。
少額でよいので形に残るようにして,賃料を貰ってください。

2010年05月28日 23時11分

この投稿は、2010年05月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

遺産分割協議の進め方l遺産の分け方を決める話し合いの流れを解説

「誰に相続する権利があるのか(法定相続人)」と「残された財産はなにか(遺産)」が明確になったら、具体的に遺産をどのように分けるのか相続人全員...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議を行う「不在者財産管理人」の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要です。相続人の中に行方不明の人がいる場合、その相続人に代わって遺産分割協...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 所有権に関する一般的な見解について

    以前にも、質問して、貴重なアドバイスを頂きましたが、再度、確認させて下さい。 次の事項は、正しいでしょうか?間違いがあれば、どの部分ですか? 所有権に関する一般的な見解 1.所有権といえば原則として単独所有権のことですが,相続等の場合には共有持分との区別が必要になり,共有持分の存在が完全否定されない限り,...

  • 共有物分割

    平成10年、マンション1室を兄弟で相続しました。半分ずつの共有名義ですが、相続時から現在まで兄一家が居住しており、家賃等、持分相当の利益は一切得ておりません。 私は、書面上の所有者に過ぎません。 そしてマンションの売却にも応じていません。 現在の状態を解消し、持分相当の利益を得られるよう協議を進めたいです。 また...

  • 根抵当権の消滅時効について

    昭和63年、父の勤めていた金融会社が弁済期を3か月後としてA氏に融資をしましたが、返済がなされないまま平成8年に金融会社は上記貸付債権を父個人に譲渡し、それまでA氏の不動産に設定されていた1番根抵当権についても父を1番根抵当権者として移転の登記を行いました。 その後、父が平成13年に亡くなったため母と兄と私がその債権を...

  • 債務承認弁済契約の有効性と借主死後の債権回収について

    20年ほど前から数年にかけて、知人に貸金として現金を手渡しで貸し付けました。 個人間の金銭貸借なので、借用書は書きませんでしたが、念のため領収書はいただきました。 借主は返済する意思はあるというので、双方で話し合いの上で期限を決めて、改めて弁済方法を決めようと言うことになり、債務承認弁済書を作成することにしました...

  • 民法第249条にいて

    民法第253条の事で相談してうちに、第249条の内容を知るようになりました。お時間取れましたら、ご回答お願いします。この規定は、持分で全部使えると明記しています。この解釈は、もし建物を持分で一対一で購入したら、相手が半年建物全ての箇所を使える。そして私が半年建物全ての箇所を使える でよろしいでしょうか?もし正解なら、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺産分割協議の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。