固定資産税、財産管理人について

公開日: 相談日:2021年04月08日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
親が9年前に亡くなったので、今兄が住んでいる家の土地の半分が兄弟二人の名義になっているので兄の名義にかえるのに遺産分割協議をすることになりました。
親が亡くなって9年分の土地の半分の固定資産税を払えと言ってきました。
法律では払わないといけないのですか?
逆にその土地は兄弟二人の名義なので今まで兄が住んでいたのでその分の貸していた土地代として主張出来るのですか?
宜しくお願いします。

【質問1】
固定資産税、財産管理人について

1015516さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    肥田 弘昭 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 今兄が住んでいる家の土地の半分が兄弟二人の名義になっているので兄の名義にかえるのに遺産分割協議をすることになりました。との点ですが、2分の1の相続分をもっていることから、その半分が黙示ないし明示にあなたからお兄さんに対する使用貸借契約となっているかと思います。そして、使用貸借の場合、固定資産税は通常の必要費として借主負担=兄負担です。よって固定資産税の半分の返還義務はないかと思います。むしろ、ご相談者様は、相続分2分の1相当を兄に分割することから代償を貰うことができる可能性があります。ご参考にしてください。

  • 弁護士ランキング
    大阪府8位

    三野 久光 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    法律上の議論も、国と相続人間の法律関係、相続人間での法律関係は、別に考えることができるでしょう。
    まず、国に対する関係では、法律上固定資産税は共有者の負担と言えますから、半分は立替金であるから返せと言えそうです。
    しかし、そこは兄が住んでおり、弟は利用していなかったのですから、兄弟間では、半分負担はおかしい、兄が単独で利用利益を享受しているからと言えるでしょう。
    結局固定資産税は全額兄が負担するということで、兄の単独利用利益も含めて貸し借りなしとすべきと考え、支払う必要なしと考えるべきだと思います。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す