弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

代償分割

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで、他の相続人に一定の金銭を支払う方法を「代償分割」といいます。ここでは代償分割について確認しましょう。

目次

  1. 遺産分割の際に財産を分ける方法は三つ
  2. 代償分割の方法
  3. 遺産分割協議書に記載する際のポイント

遺産分割の際に財産を分ける方法は三つ

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで、他の相続人に一定の金銭を支払う方法「代償分割」といいます。

他にも換価分割や現物分割という方法もあります。詳しくは以下をご覧ください。

代償分割の方法

代償分割の場合、相続人のうち一人または複数人の代表者が現物を取得します。そのうえで、他の相続人に対して相続する代わりに一定の金銭を支払うことで解決をはかります。

ただし、遺産を売却して金銭を得ることはできないため、相続人が一定の資産を持っていることが前提となります。ただし相続人の間で合意があれば、金銭ではなく土地や権利などを代償金として扱うこともできます。

代償分割が望ましい場合

事業用の土地や事業を引き継ぐ場合などは、代償分割がよいでしょう。特に以下のような場合に、代償分割は有効です。

  • 分割しにくい財産がある場合
  • 家や土地を利用したい相続人がいる場合
  • 特定の相続人が会社を引き継ぐ場合

代償分割のデメリット

不動産の評価額によって代償金の額が変わるため、財産評価がポイントです。

  • 不動産の評価額から、妥当な代償金額を決めなければならない
  • 代償金を払う相続人が一定の財産を持っていることが条件となる
  • 代償金が支払われなかった場合、遺産分割協議のやり直しは難しいため、調停・訴訟を行わなければならない

遺産分割協議書に記載する際のポイント

代表して遺産を受け取る相続人は、「代償金をいつまでにいくら支払う」という内容を必ず記載しましょう。記載がない場合、代償金の支払い時に贈与税が課される可能性があるので注意してください。

仮に約束した代償金が支払われない場合でも、通説では未払いを理由とした遺産分割協議のやり直しは難しいです。調停や訴訟となると手間も時間もかかるため、代償分割を選ぶ際は代償金の支払いについて明確に確認しておきましょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

代償分割に関する法律相談

  • 遺産分割における代償分割とその代償金及び税金について

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    亡くなった母の遺産である土地とアパートを兄弟姉妹で分割することになったのですが、分割の方法として代償分割を選択しました。父はすでに他界しているので相続人は長男、次男(私)、長女...

    2弁護士回答
  • 代償分割した不動産登記での印鑑登録証明書などの扱いについて

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    不動産登記での印鑑登録証明書と戸籍謄本の扱いについて 相続の分割協議が終わった後に、不動産登記のために印鑑登録証明書と戸籍謄本を身内から要求されました。 その身内は相続で不動産を...

    1弁護士回答
  • 間接的な強制執行 可能でしょうか?

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    相続人はABCDの4人です。 Aが法定相続分の倍相当の遺産をもらって法定相続分相当の代償金をBに支払うことになりました。 CDは法定相続分の現金をもらいました。 BがAに対して支払いを求めた...

    1弁護士回答
  • 地裁から訴状が届きましたが、事前に原告の弁護士から連絡の書類が...

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    はじめてご相談させて頂きます。 実は、3年前に遺産分割申立事件として調停・審判で原告(相続人)から代償金を支払って頂き、決着し清算すべき債権債務はないはずなのですが地裁から訴状が...

    2弁護士回答
  • 分割協議書類作成後の凍結解除について

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    分割協議書を作成したあと 銀行の凍結解除をするのに、ほかの相続人の印鑑証明書が必要ですが 嫌がらせなのか、用意してくれません。 すでに、代償金は他の相続人に支払って 分割協議書も作...

    2弁護士回答

法律相談を検索する