相続で遺産の底地を買い取る時の家賃及び契約更新料の取り扱い。

この度遺産相続により貸地(底地)を買い取る予定になりました。そこで質問なのですが、貸地(底地)の評価格は算出できたのですが家賃や契約更新料の取り扱いはどうするのでしょうか?貸地は平成23年12月31日に満期を向かえ、平成24年1月1日からは契約更新料の420万が入金される予定になっていす。こちらも買取価格に上乗せするのでしょうか?又こちらの家賃が1ヶ月22000円となっていますがこういったものも買い取り価格に上乗せさせるのでしょうか教えてください。
2010年03月21日 21時31分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
ご質問の意味がいまひとつわかりません。「遺産相続により貸地(底地)を買い取る予定になりました」とありますが、遺産相続における相続財産の分割の過程で、当該貸地(底地)を貴殿(相続人の一人)が買い取り、その代金を他の相続人に渡す、というご趣旨でしょうか。そうしますと、どう分配するかは、相続人間で決めることとなるはずです。家賃(土地の賃料?)と契約更新料などに照らして、「貸地(底地)の評価格(評価額?)」が安すぎたり高すぎたりするようでしたら、話し合い(あるいは不動産屋や不動産鑑定士など、土地評価の専門家の意見を参考に)で調整する必要があるでしょう。

2010年03月21日 23時51分

この投稿は、2010年03月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

土地を相続する際にどのようにその価値を評価すればよいのか

土地を相続するとき、遺産の分け方によっては、「土地をどのように評価するか」が重要になります。1人の相続人が土地を受け継ぎ、他の相続人にお金を支...

貸し出しているマンションを相続する場合の評価方法

亡くなった家族が所有していたマンションを他人に貸し出していた場合、そのマンションも遺産として相続します。相続税の支払いが発生するケースでは、...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

分譲マンションを相続する際にどのように価値を評価すればよいのか

分譲マンションを相続するとき、遺産の分け方によっては、「マンションをどのように評価するか」が重要になります。1人の相続人がマンションを受け継ぎ...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続調停中の特別受益認定

    被相続人に30年前に土地を買ってもらい建物を建ててもらった(名義は被相続人)次男は、その後の2,3年の間に土地の取得税分の50万円を被相続人に支払い、建築資金の一部200万(1/10)を支払い、1年分の固定資産税を被相続人に支払いました。領収書があります。 他の相続人が自力で土地を購入したりローンで建物を建てて生活していたり、...

  • 親戚間での共有名義分の土地売買価格交渉について

    現在私の親と叔父が、相続した土地を1/2づつ 所有しています。 その土地に親が本人名義100%の家に住んでいます。 このような状況下、叔父が叔父所有分の土地を買い取って欲しいと言ってきました。 買取るつもりはあるのですが、こちらは少しでも安く買いたい、叔父は少しでも高く売りたいとなってしまっており悩んでいます。 (物件...

  • 借地権の更新料

    借地権の更新料及び賃料に関する質問です。 借地人は、昭和31年から、千葉県市川市の土地54坪を地主から20年更新で賃貸借契約を締結している。 前回の借地権の更新は、平成8年であった。 この場所の現在の土地価格については、国土交通省の定めた路線価が155Dで、公示価格が85~90万円程度、売地価格が95~100万円程度と思われる。 ...

  • 地上権者(借主)による所有権者(貸主)からの不動産買取の際の適正価格について

    建物所有を目的とした地上権を有している者(物権の地上権を登記している者)が、当該土地不動産を所有権者から買い取る場合、適正価格はどのように計算されるのでしょうか?ちなみに地上権は期間の定めのない地上権(永久地上権)です。 「所有権」にも資産価値がありますが、「地上権」にも資産価値があります。 例えば、国税庁発表の...

  • 離婚に際しての不動産の譲渡について

    主人の経営する会社が立ち行かなくなる可能性があり、借金の返済が私(妻)に及ばないようにということで、 主人から離婚を求められています。 離婚に際しては、所有する不動産2件を私(妻)に譲渡しようと考えています。 そこで、ご質問ですが、譲渡するにあたって、これらをそれぞれ、離婚前に名義変更(贈与扱いとなる?)する...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続財産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。