居住用財産の3000万円特別控除について

公開日: 相談日:2015年02月22日
  • 1弁護士
  • 1回答

土地区画整理事業対象地内に居住している者です。

今般の区画整理事業で、居住している土地(約400坪)に道路が通る事となり、
土地が分断されることとなりました。

分断後に、この分断された土地(約100坪、建物は建っていない)の譲渡を考えていますが、
居住用財産の3000万円特別控除を適用することは可能でしょうか。

区画整理事業が計画される以前から、この分断予定の土地を一帯利用しており、
分断されなければ、譲渡は考えていませんでした。

なお、相続で取得した土地であるため、取得費不明、10年超の所有となっております。

以上です。

言葉足らずな部分があるかと思いますが、ご回答のほど、よろしくお願い致します。

324661さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    居住用財産の3000万円特別控除を適用することは可能でしょうか。

    相談者はそこで住み続けるのですよね。
    そうであれば、居住用の財産を売ったことにはならないのではないでしょうか。
    ただ、特殊な案件だと思いますので、詳しくは税務署でご確認ください。

  • 相談者 324661さん

    タッチして回答を見る

    原田先生

    早速のご回答をありがとうございます。
    税務署・税理士に確認する事に致します。

  • 相談者 324661さん

    タッチして回答を見る

    なお、分断された土地に、居住し続ける予定です。
    措置法第35条(3)には、該当しますでしょうか。

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから