相続放棄しましたがお葬式代は遺産から出せると聞いていました

相続を放棄しても被相続人の遺産からお葬式代は出せると聞いていました。

口座は凍結されていましたが、現金があったのでそこから差し引こうと思いました。
司法書士に相談したところ、現金から差し引かないで、相続財産管理人に「お葬式代を立て替えたと」請求するように言われました。

ところが知人から、後から請求は出来ないと聞きました。(弁護士にはなりませんでしたが、法律の勉強経験ある方です)

どちらが正しいのでしょうか?
相続財産管理人は申立ましたが、家庭裁判所からはまだ何も連絡がありません。

後から請求出来ない時は、遺産目録を訂正出来ますか?
(現金からお葬式代を差し引く)

ちなみに家族葬なのでお香典はありません。

宜しくお願い致します。
2014年09月26日 21時50分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
少なくとも,法律上は葬儀代を相続財産から負担させることができるという規定はありません。
むしろ,遺産分割調停などの実務では,原則として葬儀費用は主催者(喪主など)が負担するものであり,その代わり香典も主催者に対する贈与として(相続財産とは別のものとして)取得できる,例外的に,相続人全員が合意した場合は葬儀費用を相続財産から控除できる,という扱いが一般的ではないかと思います。

さらに,本件では相続放棄を行ったとのことですので,既に相続人ではないことになります。相続財産から葬儀費用を支出してしまうと,相続財産の一部を処分したことになり,相続放棄の手続を採ったとしても単純承認とみなされる可能性が高いと思います(民法921条1号)。

相続財産管理人が相続財産から葬儀費用を支出することを認めるかどうかは,上記のような考え方を前提とすれば,何とも言えません。

2014年09月26日 22時55分

緒方 直人
緒方 直人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県1
ありがとう
「相続を放棄しても被相続人の遺産からお葬式代は出せると聞いていました。」

この趣旨は、相続人が遺産の全部又は一部を処分した場合は「法定単純承認」の効果が発生し、相続放棄ができなくなるというのが民法の規定ですが、遺産から葬儀費用を支出する行為はここでいう遺産の一部の処分には当たらない、すなわち相続放棄ができるということです(高裁判例)。

 しかし、ご相談者の問題は、正面からこれを捉えると、相続人が自分で葬儀費用を支出した場合、その相続人が相続債権者として相続財産管理人に葬儀費用の支払を請求できるかという問題になりかねません。被相続人の死後の葬儀費用を相続債権というのは無理だろうと思います。司法書士の先生が、「お葬式代を立て替えたと」と請求しなさいと言われたのは、すでに支出していたことを前提として、「立て替え」と言っておられるのだと思います。ただ、リスクがないとは言えないように思います。

「後から請求出来ない時は、遺産目録を訂正出来ますか?」

 現金○○万円と遺産目録に記載したが、実は葬儀費用として○○万円を支出済みであったので訂正したいと家庭裁判所に申し出てみられたらいかがですか。認めてくれると断言することはできませんが、やってみる価値はあるかと思います。

2014年09月26日 23時06分

相談者
お葬式代は30万程です。
戒名料は含んでいません。

2014年09月27日 02時11分

緒方 直人
緒方 直人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県1
ベストアンサー
ありがとう
ご紹介した判例は、平成14年7月3日大阪高裁決定(家庭裁判月報第55巻1号82頁)です。ただ、この判例法理がご相談者の事案に直ちに及ぶか、この問題は裁判所の判断するところですから、川添先生が指摘しておられるリスクもあります。戒名料は自己負担ですね。その点も併せて説明した方がいいでしょう。必要最小限度の葬儀料は相続放棄をする場合でも遺産から出費できると理解して支出した旨を裁判所にご相談されることだと思います。裁判所がこの判例法理の適用を認めれば、現金の額の訂正に応じるでしょうし、適用外だと判断すれば訂正が認められないということになろうかと思います。

2014年09月27日 07時04分

この投稿は、2014年09月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割調停や審判の最中に被相続人の預金を引き出すための手続き

相続について、相続人同士の話合いでは解決できず、調停や審判の手続きを行うと、遺産の分け方が決まるまで、長いケースでは年単位の時間が可能性があ...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

【相続】生命保険の保険金は遺産に含まれるのか

亡くなった家族が生命保険に加入していた場合、家族に支払われる死亡保険金は遺産なのでしょうか。保険金の受取人が、さらに亡くなった方の財産を相続...

財産整理 l 家族の相続手続きの手間を減らすために生前にできること

あなたが複数の銀行口座や不動産を残したまま亡くなった場合、その財産を相続する家族は、解約や名義変更などの手続きを何度もしなければなりません。...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺産放棄について

    急に弟が遺産放棄すると言い出しました。 最初はそのつもりはなかったようなので、母の遺してくれたお金から葬式代や、お墓代を払いました。残ったお金を半分にするつもりだったのですが、弟が放棄した場合、葬式代や、お墓代は請求することは可能でしょうか??

  • 相続放棄後相続財産管理人が選任されたら。

    昨年、父が亡くなり相続放棄をしました。 今年、父の持ち家から引っ越しをし 先日、相続財産管理人に選任された弁護士さんから手紙が来ました。私達がする事は相続放棄をした経緯、相続財産について、管理状況をお話しして 預かっている現金、通帳、自宅の鍵などお渡しすれば終了でいいんでしょうか?

  • 遺産の管理人は、遺族以外に誰ができますか?

    現在、遺産分割調停をしていますが、現在まで、相手方は、遺産管理ができる立場を利用して無断で被相続人の預貯金や保険を取得して使い続けています。 遺産分割調停を始めて、半年くらい経ちましたが、調停で注意を促しても、相手方は被相続人の遺言のようなものだと言って、遺産のお金を使うことをやめようとしないことや、相手方が...

  • 売れない土地なので遺産放棄

    遺産相続で土地があります。 この土地を査定してもらったら、がけ崩れなど危険性があると言われました。 遺産はこの土地と少しのお金です。 相続人は私と弟です。 すでに弟は親の財産を3千万円使い込みしています。 親も看ていました。 こんな土地は欲しくないし、残ったお金も欲しくないので、財産放棄したいと思っています。...

  • 財産管理者の使い込みについて

    前回「叔母の財産について」で回答頂いた2人の弁護士さん、ありがとうございました。法テラスで相談し弁護士さんを成年後見人にすべく動き始めました。ここで更なる質問ですが、現在叔母の財産を握っていて、財産管理中であるはずの叔母の甥(私のいとこ)に使い込みが発覚した場合のことです。甥は全財産を自分に譲ると書いた遺言書を持...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続財産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。