空き地の雑草に関する条例と行政代執行等、自治体による刈り取りについて

下記のような空き地の雑草についての条例を設けてある自治体が、空き地の持ち主に対し指導等を行ったにも関わらず所有者がそれに従わなかった場合は、自治体は行政代執行等、自治体の判断で当該空き地の雑草を刈り取ることは出来るのでしょうか?
また、当該空き地が相続財産法人や既に倒産した法人の所有になっていた場合等どうなるのでしょう?

○仙台市空き地における雑草の除去に関する条例
https://www.city.sendai.jp/soumu/bunsyo/reiki/reiki_honbun/a600RG00000371.html
(目的)
第一条 この条例は、空き地の雑草の除去に関し必要な事項を定めることにより、清潔な生活環境を保持することを目的とする。
(定義)
第二条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 空き地 現況が宅地になっている土地で、現に居住の用に供する建物が存しないものをいう。
二 雑草 自生する草及びこれに類したかん木類で、周辺の生活環境を損なうものをいう。
(所有者等の責務)
第三条 空き地の所有者、管理者又は占有者(以下「所有者等」という。)は、当該空き地の状況を把握し、雑草の除去に努めなければならない。
(指導又は助言)
第四条 市長は、雑草の除去を要する空き地の所有者等に対し、雑草の除去についての指導又は助言を行うものとする。
(勧告)
第五条 市長は、雑草の繁茂を放置することにより著しく周辺の生活環境を損なうおそれがある空き地の所有者等に対し、当該空き地の雑草の除去を勧告することができる。
(委任)
第六条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。
相談者(223874)からの相談
2014年01月01日 02時41分

みんなの回答

米山 健也
米山 健也 弁護士
ありがとう
 結論として、自治体が行政代執行により自ら雑草を刈り取ることはできないと考えます。
 行政代執行の対象となるのは、法律等(法律のほか、法律の委任に基づく命令、規則及び条例を含む)により直接命ぜられた行為、又は法律等に基づき行政庁により命ぜられた行為のうち、他人が代わってなすことのできるもの(代替的作為義務)です(行政代執行法2条)。
 ご指摘の条例では、所有者等は、「雑草の除去に努めなければならない」とされており、いわゆる努力義務を課されているだけであって、「雑草を除去すること」それ自体を命じられているわけではありません。所有者等は「雑草を除去しなければならない」と規定されていれば代執行も可能かと思いますが、ご指摘の条例の規定からは、代執行を行うことは不可能であると考えます。

2014年01月03日 20時20分

相談者(223874)
ただの努力目標を自治体が代わって達成することは出来ない。ということでしょうか?
行政代執行以外の方法で、自治体が直接雑草に対応することは出来ないのでしょうか?

2014年01月03日 22時33分

米山 健也
米山 健也 弁護士
ありがとう
 現状では、行政が直接、雑草を刈り取る方法はありません。
 雑草といえども土地所有者の所有物なので、土地所有者の了承なしに勝手に処分することは、財産権の保障の観点から難しいでしょう。
 この点、いわゆる「ゴミ屋敷」から強制的にゴミを撤去するのに新たに条例を制定することが必要だったことからもおわかりかと思います。
 行政が直接、雑草を刈り取るためには、新たな条例の制定その他何らかの法的整備が必要になると思います。

2014年01月03日 22時44分

相談者(223874)
雑草もまた土地所有者の財産ということになるのでしょうか?
例えば、道路等にはみ出している草だけを刈り取る。ということも財産権の保障ということを考えると難しいですか?

2014年01月03日 23時05分

この投稿は、2014年01月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

財産整理 l 家族の相続手続きの手間を減らすために生前にできること

あなたが複数の銀行口座や不動産を残したまま亡くなった場合、その財産を相続する家族は、解約や名義変更などの手続きを何度もしなければなりません。...

【相続】生命保険の保険金は遺産に含まれるのか

亡くなった家族が生命保険に加入していた場合、家族に支払われる死亡保険金は遺産なのでしょうか。保険金の受取人が、さらに亡くなった方の財産を相続...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

貸し出しているマンションを相続する場合の評価方法

亡くなった家族が所有していたマンションを他人に貸し出していた場合、そのマンションも遺産として相続します。相続税の支払いが発生するケースでは、...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 煙被害を取り締まる法令はありませんか

    状況 もみ殻燻炭製造過程による煙の被害です。 ①被害例(周辺家屋) ・刺激臭が家屋・敷地を覆い生活に重大な支障(外に出られない・干した布団や洗濯物に 臭いの粒子が付着)、家の中にも臭いが侵入(髪に臭いがつく人までいます) ・健康被害 喉・目が痛む 喉から出血 息苦しい 喘息発症 ・行政指導など行われるも一向に作...

  • 管理者・経営者が不明な墓地について

    私の地元にある墓地はその管理者・経営者がよくわからないことになっています。 元々は町営の墓地だったそうなのですが、何十年か前に合併により自治体の名前が変わった辺りの時に、自治体の管理から地域の町内会(地縁団体)にその管理・経営が移ったようです。なお、底地は現在も自治体のものです。 しかし、(おそらくその頃から)墓...

  • 広大地の分筆、分筆箇所以外の測量や隣接地権者等の立会を省略することが許される条件とは?

     広大地の分筆の際に、当該広大地の分筆箇所以外の測量や隣接地権者等の立会を省略することが許される条件とはどのようなものなのでしょう?  下記の条文が関係すると思うのですが、もう少し具体的な実務の指針となる通達等はありますか?  不動産登記事務取扱手続準則  (分筆の登記の申請) 第72条 分筆の登記を申請す...

  • 土地収用法について。また、この場合、土地収用法は適用されるのでしょうか?

    ある市では、近年急に人口が増加し、市役所としての行政機能が十分に果たせなくなる状況が想定されました。そのため、市役所を移転して新庁舎を建設することになりました。最適地として選定された建設予定地にある5軒のうち、4軒は移転を了承したが、1軒が移転に強く反対しています。行政機関は土地収用法の手続きを踏んだ上であれば...

  • 無許可で墓地を経営し、そこに立てた墳墓に焼骨を収蔵する行為

    無許可で墓地を経営し、そこの土地に立てた墳墓に焼骨を収蔵する行為はどのような罪に問われることになるのでしょう? 第4条1項と第10条1項に抵触する行為のように思いますが、その罪の重さはどのように計算すれば良いのでしょうか? 第四条  埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。 第十条  墓地、...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

相続財産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。