両親亡くなった後の土地の相続について。親の土地名義の上に息子が家を建てたけど出て行かないといけないの

公開日: 相談日:2021年08月20日
  • 4弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在、親名義の土地に親の家と私(長男)の家が建っています。
私の家は私名義で買ってローンも完済しています。土地は親名義のままになってます。その家には20年住んでいます。
最近私の姉が両親2人とも死んだら土地は親名義だから、私に住む権利はないから家を出て行ってもらうと、言われまいます。
土地の資産は3000万位です。
全て私が相続して姉に1500万渡すだけの預金は私にはありません。
土地自体を半分ずつの名義に分けるような家の配置にない為、それも難しいです。
それと相続の時に私が専門学校にかかった費用500万も相続の時に相殺してもらうと言われています。
姉は高卒で進学はさせてもらえなかったと言っています。

【質問1】
両親2人とも亡くなった場合は、相続を土地半分に割れない以上、そして1500万姉に用意出来ない以上、強制的に家を出されてしまいますか?

【質問2】
相続の時に私が専門学校の進学にかかった費用も相続の費用から姉に渡さないといけないのですか?

1056648さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    【質問1】
    両親2人とも亡くなった場合は、相続を土地半分に割れない以上、そして1500万姉に用意出来ない以上、強制的に家を出されてしまいますか?
    →親名義だから住む権利はないというのは正確ではありませんが、遺産分割の結果、土地が第三者に渡るなど自分の持分が無くなった時点で、建物を収去して明け渡すことを求められることになるでしょう。

    【質問2】
    相続の時に私が専門学校の進学にかかった費用も相続の費用から姉に渡さないといけないのですか?
    →特別受益にあたるかどうかですが、可能性は無いとは言えません。全額認められてしまうと、自宅土地をすべて取得する対価として、1500万円+250万円を姉に渡すことになります。

    あなたにそれなりの収入があるのでしたら、自宅土地を担保に借り入れ等をされたらいかがでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    両親2人とも亡くなった場合は、相続を土地半分に割れない以上、そして1500万姉に用意出来ない以上、強制的に家を出されてしまいますか?

    相手の相続分を買い取ることは検討できます。
    遺産によっては、預貯金などを多めに渡せば、それで解決することもあります。

    また、土地を割れないとありますが、広さと通路の確保が可能でしたら、分筆は検討できます。
    もちろん退去して売る方法もありますが、あなたとしてはそれは困るでしょうから、そこは最終手段になるのではないでしょうか。

    【質問2】
    相続の時に私が専門学校の進学にかかった費用も相続の費用から姉に渡さないといけないのですか?

    通常、学費は扶養義務の一環となることが多いです。
    社会人になってから費用を出してもらったなどでしたら、別ですが。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 両親2人とも亡くなった場合は、相続を土地半分に割れない以上、そして1500万姉に用意出来ない以上、強制的に家を出されてしまいますか?
     土地の現物分割もできず、1500万円の代償金も渡せない場合、
     土地を売って分けるしかなく、土地を明け渡さざるを得ない可能性があります。
     ただ、現在両親はご存命でしょうから、土地の所有者である両親と
     あなたが亡くなるまで無償で土地を使用できる使用貸借契約を締結するのがよいと思います。
    >
    > 【質問2】
    > 相続の時に私が専門学校の進学にかかった費用も相続の費用から姉に渡さないといけないのですか?
      姉の学歴は高卒なのでしょうか。
      姉が高卒なのが、姉の意思や能力の問題でなく、
      家計にお金がないので、姉は専門学校や大学に行けず、あなただけ専門学校に行った
      という場合は、進学にかかった費用の2分の1を特別受益として渡すことが考えられますが
      家計の問題でない場合は、特別受益とはならない可能性があります。

      弁護士に面談で相談された方がよいと思います。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す