祖母の遺産相続について

公開日: 相談日:2021年07月18日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
母方の祖母が亡くなり、母方の兄弟5人で遺産相続の話し合いをしております。
現金・貴金属が主な遺産です。
配偶者(祖父)はすでに亡くなっておりますので、相続する方は祖母の子にあたる叔父叔母5人です。
子の一人が、祖母から生前200万の借金があります。
遺書はありません。
叔父とその娘が祖母と一緒に住んでいたので、祖母のお世話をしてくれて感謝しているのですが、お世話になったからと叔父の娘を入れて6人で遺産を分ける話が出ています。

【質問1】
この場合、相続財産は、現金+貴金属+借金の総額を5人で割り、1人当たりの金額を出すという考え方であっていますか?

【質問2】
叔父の娘へのお世話になったからと相続財産を分ける人数に入れるのは法律上どうなるのでしょうか?(叔父は認知症です。)

1046804さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都9位

    高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合、相続財産は、現金+貴金属+借金の総額を5人で割り、1人当たりの金額を出すという考え方であっていますか?
       法定相続人で遺産分割をするのであればそうなります。

    【質問2】
    叔父の娘へのお世話になったからと相続財産を分ける人数に入れるのは法律上どうなるのでしょうか?(叔父は認知症です。)
      介護をした人は寄与料を請求することが可能なので
      叔父の娘を入れて遺産分割することもおかしくはないと思います。

      叔父さんが認知症で判断能力がないとすると、成年後見人を付けないと
      遺産分割協議はできないこととなります。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す