相続でトラブルになっています

公開日: 相談日:2021年06月10日
  • 3弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
3月に母が亡くなりました。自宅は、借地権で、名義は母なのですが権利書には叔父名前も記載されいます。長年地代は母がはらっていました。叔父も亡くなっています。売却にあたり、叔父の息子の同意書が必要なのですが売却額の等分を要求されました。叔父の子供は全員で3人、私も三姉妹になります。

【質問1】
その場合、全員で6等分しなくてはならないのでしょうか?

1034514さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    権利証は、叔父の名義が入っているというのは
    建物の名義が、叔父と母の共有になっていたということかと思います。

    通常借地権も2分の1ずつということにはなります。

    地代は立て替えて支払っていたということだとすれば
    2分の1は、叔父さんの相続人に請求することが可能です。

    相続により建物及び借地権を取得していると思われますので
    時効取得を主張するには叔父さんに全部自分のものにすることを
    表明したことを証明する必要があると思われます。

    弁護士に面談で詳しい事情を話して相談された方がよいと思います。

  • 相談者 1034514さん

    タッチして回答を見る

    建物の名義は母になります。借地権の時効取得とは何でしょうか?教えてください

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    建物の名義が母だとすると権利書というのは何の権利書でしょうか?
    通常権利書、権利証というのは、登記済証のことで、
    建物の名義が母だとすると、建物の権利書(権利証)の名義は
    母の名義になるはずです。

    土地の賃貸借契約のことでしょうか?

    借地権の時効取得とは、土地を賃料を支払って利用する権利を
    お母さんが20年以上自分のものとして利用して来たことから
    お母さんのものになるということとなります。

  • 相談者 1034514さん

    タッチして回答を見る

    建物はずっと父でそれを相続して母に移りました。土地の借地権の名義だけ叔父と母になっています。建物に叔父名義の根抵当権が入ってます。登記をしないと現状外せません。登記をしたら時効取得はまた新たに20年になるのでしょうか?しかし登記をしないと根抵当権は外せません。
    平成20年に借地権転貸承諾書を叔父と母が交わしているのでその年からおそらく母が地代を全額払ってると思うのですがかの承諾書で証拠になりますでしょうか?

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    平成20年に転貸承諾書を交わしているということは
    叔父さんが借地権者だと認めていることとなるので
    残年ながら、借地権の時効取得はできません。

    2分の1については叔父さんが借地権者であり、
    叔父さんの子供が借地権の2分の1を相続したことを前提に
    売却代金を分ける必要があると思います。

    弁護士に面談で、あなたにとって有利なこととなる事情はないか
    相談された方がよいと思います。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました