弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書の解決事例

公正証書遺言作成の事例

  • 遺言

依頼主 70代 男性 相談前 兄弟間で中の悪い子供を持つご相談者から相談を受け、遺言作成の依頼を頂きました。 相談後 ご要望をお聴きし、極力兄弟間で争わないような遺言の内容にして、公正証書遺言を作成しました。
ご依頼者の足腰が不自由でしたので、公証人に自宅までお越しいただき自宅にて公正証書遺言を作成しました。
簗田 真也弁護士からのコメント 遺言は、要望を反映させることも重要ですが、せっかく遺言を作成したのですから、相続人たちが極力争わないように、迷惑を掛けないような内容にすることも重要です。
また、財産の調査をすることにより、ご自身でも知らなかった財産などを事前に発見することにより、よりスムーズに相続人たちへ承継できます。

お気に入りに追加
簗田 真也
簗田 真也 弁護士

やなだ総合法律事務所

依頼者様のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリ...

電話で問い合わせ
050-5285-8384

メールで問い合わせ

遺言書に関する解決事例

二見 宏史

二見 宏史弁護士

亡くなった父の相続問題について相談したい。

先日父がなくなりました。 父には自宅や預貯金などがありましたが、遺言書などがありませんでしたので遺産を分割するにはどうすればよいかも分かりませんでした。二見先生に依頼したところ、私達家族の意見を根気強く聞いていただき、私達の望んだ通りの内容で遺産分割協議書を作成していただきました。 また親切な税理士の先生も紹...

二見 宏史

二見 宏史弁護士

相続争いが起こらないように遺言を作成したい。

自分の死後、相続争いが起こらないように遺言を作成したい。先生にお願いしたところ、沢山のご助言をいただきました。そして、自分の納得行くような財産の分割方法を先生と相談しながら決め、公証人役場で遺言書を作ることができました。これで自分の死後、自分の財産で子供達が争うことがなくなったと安心しました。相続争いの原因と...

星原 正明

星原 正明弁護士

もめないように遺言を作成したケース

自分には子どもがいません。 自分が亡くなった後は、あまり交流のない兄弟姉妹よりも、身近で世話になっている別の親族に遺産を残してあげたい。公正証書遺言を作成して、後々トラブルにならないようにしつつ、希望通りに遺産が引き継がれるように準備しました。遺言を作る際はきちんとしたものを作らないと、かえって、その遺言が原...

上野 朝代

上野 朝代弁護士

特別縁故者に対する財産分与をご存知ですか。

法定相続人のいない方が、急に病気になり、亡くなられました。故人と長年にわたり親しく交流していたご方が、看病、入退院手続きなどをされて長く身の回りのお世話をされていました。故人は、比較的若かったこともあり、遺言を作成されていませんでした。 特別縁故者に対す...

遺言を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...