弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書の解決事例

相続手続きをするため、特別代理人になってほしい

相談前 父の相続手続きをしたいが、相談者が母親の後見人に就いているため、母親の分の押印ができない。金融機関から母親の特別代理人を選任して相続手続きを行うよう助言されたので、特別代理人になってほしいと相談に来られた。 相談後 家庭裁判所に当事務所の弁護士が特別代理人に選任されるよう申立をした結果、選任された。
相続手続き書類に母親の特別代理人として署名押印し、手続きは無事完了した。
山下 江弁護士からのコメント ほんとうにちょっとした手続をしたいだけなのに特別代理人を選任しなければならないという事案でした。やはり生前にしっかりとした遺言書を残す必要があると感じました。

お気に入りに追加
山下 江
山下 江 弁護士

山下江法律事務所

2016年度遺産相続分野相談実績250件以上!【無料相談】【電話相談可】【月曜夜間、土曜...

電話で問い合わせ
0120-7834-09

メールで問い合わせ

遺言書に関する解決事例

渡部 孝至

渡部 孝至弁護士

亡くなった弟名義の有価証券の相続

相談者様の弟が亡くなったということで、弟の保有していた有価証券を遺産として遺産分割を行ったという事例です。 証券の名義人は弟となっていましたが、実際に証券を購入し管理していたのは兄である相談者様でした。 弟は、生前、この証券を相談者に相続させるつもりで、相談者様に相続させるという内容の遺言書を作っていましたが...

河内 茂治

河内 茂治弁護士

公正証書遺言無効訴訟

相続から実質的に外される内容の公正証書遺言調停申立て、その後訴訟実質的に遺言無効と同様の結果となる和解を勝ち取りました。 生前の被相続人の生活状況を調査したことが決め手になりました。

増田 健二

増田 健二弁護士

遺言作成のサポート事例

Aさんには不動産や預貯金など一定の資産がありました。 しかし、次の世代の親族仲が必ずしも良好ではなく、Aさんは自分が亡くなった後の遺産分割がまとまらないのではないか心配していました。相続発生後に見込まれる問題を見越し、資産状況に合わせて、関係者の心情に配慮した遺言の作成をお手伝いしました。遺言の作成は、妥当な...

鈴木 章浩

鈴木 章浩弁護士

会社の共同経営者の「遺言」の有効性を巡る争い。遺言とは認められなかったが、和解により解決。

会長Aと社長Bが出版社を共同経営していました。会長Aと社長Bは既に死亡していたのですが、社長Bの娘でこの会社の後継社長として経営にあたっていた相談者からの依頼でした。内容は、会長Aが書いたメモが2つ出てきたとのことでした。一つは「死後はすべて、社長Bに一任します」もう一つは「私名義のものは全てB社長に差し上げます」と...

遺言を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...