認知症の母の遺言について

母が認知症になってしまいました。公正証書遺言を作ろうと思います。自筆証書遺言があり、封をしていないので内容をみてしまいましたが少し自筆ということもあり不安です。公正証書遺言を作るときに高齢の母と同席できるでしょうか。また認知症を理由に後で効力が否定されることにならないでしょうか?
2016年05月03日 21時03分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
公正証書遺言を作るときに高齢の母と同席できるでしょうか。

・認められないと思います。

また認知症を理由に後で効力が否定されることにならないでしょうか?

・認知症=遺言無能力ではありませんが 無効とされる可能性はあります。
遺言能力に問題がありそうであれば公正証書作成段階で医師の診断書・立会いなど求められる可能性があります。

2016年05月03日 21時09分

この投稿は、2016年05月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

公正証書遺言を作成したいときはどのような手順を踏めばよいのか

公正証書遺言とは、法律の専門家である公証人に作成してもらう遺言書です。自分で作成する自筆証書遺言に比べて、無効になるリスクが低いといったメリ...

「自筆証書」と「公正証書」2つの遺言それぞれのメリット・デメリット

自分の死後、親族が相続でもめないように、今のうちに遺言書を書き残しておきたいーー。そう考える人は少なくないと思いますが、遺言書には、法律で決...

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

コピーの遺言書は有効?自筆証書と公正証書、遺言の形式はどちらがよいのか

生前に遺言書を書いてもらうことで、いざ相続が始まったときに、財産の分け方をめぐってトラブルが起きることを避けられる場合があります。この記事で...

遺言書でできることや公正証書遺言と自筆証書遺言の特徴を解説

遺言書を残さずに亡くなった場合、「誰が」「どの財産を」「どの程度」相続するかという点で、家族がトラブルになる可能性があります。遺言書を残して...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺言書に「秘密遺言書」となるものあるのですか?

    父が「公正証書」を作っていましたから法務局で相続登記を終えました。が、死後、兄弟に「公正証書」の写しを渡したところ、その中の一人から封筒に封した遺言書があると言ってきました。その遺言書を家裁で自筆検認をすると言っています。 それは、良いのですが、公証人は認め、法務局もすぐに所有権移転に応ずるのですかね。

  • 遺言書の検認手続きについて

    遺言書検認に立ち会わないと遺言書を認めたことになりますか?また遺言書があればこちらの同意なしに銀行など解約出来ますか?

  • 遺言書の検認。遺言書の検認になんですか?

    遺言書の検認になんですか? 封筒などに入れてない遺言書は、法律的効果もない無効の遺言書でしょうか?

  • 自筆の遺言の検認についてです。

    ①自筆の遺言書が複数ある場合、全ての遺言書に検認が必要なのでしょうか。 ②(先日ご相談させて頂いたような)署名欄が「母」としか記載されてなかったり、日付けの記載が無かったり、といった理由で無効と思われる遺言でも検認はしておくべきなのでしょうか。無効と思われる遺言についても検認をしないことで何か問題や不都合が発生す...

  • 公正証書遺言書の無効化

    実父は死去、実母が存命、兄弟ふたりの遺産相続についてお尋ねします。 先日、実母が全財産を兄(あるいはその娘)に譲るという公正証書遺言書を兄の娘に書かされたと漏らしました。 この遺言書を無効にするために取れる方法についてお尋ねします。 母は頭は正常ですが、身体が不自由で養護施設に入っているため、再び公正役所に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

公正証書遺言の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。