相続調停にて弁護人を付けろと言われた

公開日: 相談日:2015年03月12日
  • 2弁護士
  • 3回答

相続の調停にて申立人側に弁護人、相手方片方に弁護人と弁護人のいない相手方(私)がおります。私にとっては、遺言書通りになろうとも、法定相続になろうとも大きな違いはないので弁護士の先生にもお願いせずに調停に参加してお話を伺ったり、答弁書などを提出したりしております。
先日、調停委員にあなたも弁護士を雇いなさい。そうしないと損をしますよ。といわれました。(脅された感はありました)
弁護士さん同士が折り合いを付けてどちらの先生にも傷が付かないように調停員の先生を交えて話し合うのに素人は邪魔ということだと思います。
これからもおそらく高圧的に法律用語を並び立てて攻撃してくると思いますが、のらりくらりしていて良いですか。かなりいじめられますか。先生ならやはりいじめますか。
答弁書を出して資料を出してくれと請求し続けてよいでしょうか。
余りにも目に余るような調停案なら拒否をしようと思いますが、それにはあれこれ説明がいるものでしょうか。
調停員の先生は頼りになりませんが、審判に進んだら出した資料があります。
やな素人とは思いますが、欲張ったりうそをついたりは一切しておらず、うそだらけの申立人を懲らしめたいです。
大人しくしていた方が身のためでしょうか。
両方にかなり本など出している有名な先生(60代と50代)が付いていらっしゃるのでもし若い弁護士の先生をこちらが頼んでも結果3人の談合になるように思うのですが、俺はそうはならない、戦って勝つといえるような先生いらっしゃいますか。
現金隠匿(かなりの証拠あり通帳履歴有り)、特別受益ありなど盛りだくさんです。
遺言書の有効無効もあります。

330330さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    談合にはなりません。依頼者の意向があれば、法的に無理筋でない限り、しっかりと主張します。依頼者の意向に沿ってくれるような弁護士を選任されることをお勧めします。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    なお、弁護士を探すような質問をされても、この掲示板では、個別の事務所への誘引表現が禁じられているので、実名での回答は難しいです。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    俺はそうはならない、戦って勝つといえるような先生いらっしゃいますか。

    戦って勝てるかどうかは
    あなたの主張とそれを裏付ける証拠があるかどうかを
    確認しなければ判断できないと思います。
    それらの確認をせずに勝つという弁護士は
    信用しない方がよいと思います。


    現金隠匿(かなりの証拠あり通帳履歴有り)、特別受益ありなど盛りだくさんです。
    遺言書の有効無効もあります。

    争うつもりがあるのであれば
    最初からきちんと争った方がよいと思います。
    あとで、それは認めていたはずだ。
    あるいは
    最初から出さなかったのは後から作ったからだ。
    などと言われかねません。

    あなたの主張が法律上通りそうなのか。
    持っている証拠は証拠として有力なのか
    依頼するかどうかはさておき
    一度弁護士に面談で相談したらよいと思います。

この投稿は、2015年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す