公開日:

違法な住所変更

2013年02月02日
ベストアンサー
 両親の住所を複数回に渡って長女が本人の承諾なしに長女の住所地に移転し、そのたびに年金振込先を変更して両親の年金を引き出しています。年金事務所へ相談しましたが、どうにもならないとのことです。
 母親は老人保健施設に入所しており、長男の私が身元引受人となり施設への支払い等を行っていますが住所変更されてしまい介護保険が使用できなくなったり、減額申請も認められなくなり困っています。当然、年金の管理も私がしていますが年金が入らないと困ってしまいます。施設の支払いを要求すると拒否されました。仕方なく私が支払いをせざるを得ない状況です。
 住所変更には本人の委任状が必要ですが代筆して長女が勝手に手続きしています。親族でなければ犯罪になりますが、親族間の犯罪は免除されるのでどうにもならないでしょうか?姉からすると弟が勝手に住所変更しているとの言い分でしょうが母親には委任状を本人に書いてもららって承諾してもらっていますので、お金の管理や施設等の手続きは私に任せると母から言われています。
 また、姉は母親の年金や母名義の土地があるため、それを自分のものにするために住所変更を執拗に行っているようです。市役所は書類が整っていれば本人へ確認せずに簡単受理するそうです。土地の登記に関しても法務局へ確認したとこころ、実印と委任状があれば移転登記は可能とのことでした。不正登記防止の手続きを行っておいた方が良いとアドバイスを受けましたが、効力は有効期限3か月しかなく、その後また住所移転して新住所で印鑑登録すると登記できてしまうとのことです。母名義の土地は区画整理中ですが、4月ごろに一斉登記するとのことです。このような問題はどのように解決したらよいでしょうか?
 姉との話し合いを持つことは不可能です。また、両親の預貯金、権利証など実家に保管してあった書類をすべて持ち出され、アルツハイマーの父親を連れ出し、すべて現金を引き出されたり、公証人役場へ連れていき遺言状を作成しようとしたりして魂胆が見え見えです。公証役場では本人に直接確認したため父親は拒否しました。このような悪行に対して親族ですが対処方法はありますか?
相談者(161702)の相談

みんなの回答

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
文句なしに成年後見人をつけることをお勧めします。
 これは精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力がない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。家庭裁判所は本人のために成年後見人を選任し、成年後見人は本人の財産に関するすべての法律行為を本人に代わって行うことができます。成年後見人は、本人が自ら行った取引行為とかご質問の住民登録の変更とかに関しては、取り消すことができます。
 判断能力がないとまではいえないとすれば、保佐人をつけることでしょうが、ご質問のケースでは後見人の方がよいと思います。
 どうか最寄りの家庭裁判所へ行かれて、相談してみてください。その前に、弁護士会へ行って、法律相談を受けて、その弁護士さんに手続きをしてもらうことが、よりベターと思います。なぜなら、いろいろ複雑なことを弁護士なら分かってサクサクとやってくれるからです。もし、あなたに資力がないとき、法テラスを勧めて、弁護士費用を含めて、一時立て替えてもらって、後日、1万円以下の金額で返済するという方法もあります。いろいろな方法があるので、1人で悩まないで、弁護士に相談してみてください。

2013年02月02日 13時15分

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
先ほど回答した弁護士です。成年後見人は本人の財産に関するすべての法律行為を本人に代わって行うことができますとしました。それは後見人が両親に成り変わってと言ってよいくらい財産の管理をしてもらえます。また、両親に無断でなされた住民登録を取り戻して正常な形にしてくれます。今後は、後見人に無断で住民登録を移したり、年金を受け取ったりされることもありません。すべてが後見人のもとに年金が支払われて、必要なところ、たとえば老人ホームとかに支払ができるように手配してもらえます。本当にお勧めします。

2013年02月02日 13時28分

相談者(161702)
郡司先生
 早速のご回答ありがうございました。且つ親切、丁寧な回答をいただき驚いております。近隣でしたら先生と直接面談してご相談したいと思いました。
 成年後見人制度を利用するのが最善の対応かと思いますが、母の財産管理や施設への支払いを後見人へお願いしても、母の預貯金はすでに全額を長女により既に引き出されおり、財産といえば区画整理中の土地と少しの現金のみです。あとは少しの年金収入のみです。年金は施設の支払いの半分程度しかありません。不足分は長男の私が面倒を見ています。土地処分は母の本望ではないはずです。介護なしでは何もできない母なので今の施設が最適です。後見人を選任すると、長男の私には管理する権利がなくなるため、援助もできなくなるのでしょうか?ちなみに申立人の長男の私が後見人になれば良いと思いますが、仕事が忙しくて、とても収支計算などの管理や裁判所への報告などできない状況です。
 成年後見人の利用しか問題解決方法がないと思いますが、上記のように収入が少ないので親族の援助がないと無理かと思います。長女が勝手に住所異動や年金詐取などで邪魔してきます。その場合は弁護士さんに依頼して内容証明で弁護士さんから警告文などを発信していただけると長女も違法行為はやめると思います。そうんな対応を弁護士さんに依頼できますでしょうか?

2013年02月03日 10時27分

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 あなたの場合、後見人には弁護士がよいと思いますが、少ない報酬で受けてくれる方を探さなければならないことが難点でしょう。裁判所も積極的に弁護士会へ声をかけてくれます。また、最近は若い弁護士が増えたので、ボランティアの感覚でなしてくれるかと思います。弁護士にとっても経験を積む勉強になります。
2 施設の支払は、年金と不足分のあなたのご負担でなさっていること、その管理を後見人がしてくれます。あなたが援助されることに何らの支障はありません。
3 さらに弁護士が後見人の場合、長女に、警告文を発することのほか過去の預貯金の引き出しとかの問題を明らかにするように求めてもらえるかも知れません。
4 とにかく弁護士は、最悪の中でも最善を尽くすことに使命感をもっているので、本当に弁護会へ行って相談ください。この私の一連の文章を持参されて結構です。行動を起こさなければなにも解決しません。お忙しいことでしょうが、多少の時間を割いて行ってみてください。

2013年02月03日 10時57分

相談者(161702)
郡司先生ありがとうございました。早速、弁護士会へ行き相談して依頼したいと思っています。

2013年02月03日 17時58分

この投稿は、2013年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,987名の弁護士から、「遺言に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

公正証書遺言が有効か無効かを確認する6つのポイント

公正証書遺言はどのような場合に無効になるのでしょうか?公正証書遺言は公証人という法律の専門家が作成するので、無効となる場合はあまり多くありま...

遺言書が見つかったときに確認すること l 遺言書が複数見つかった場合の対処法も解説

遺言書が発見された場合、遺言書の形式によってとるべき手続きが変わってきます。また、遺言書が複数発見されることもあり、その場合は、「どの遺言書...

自筆証書遺言が有効か無効かを確認する8つのポイント

自筆証書遺言はどのような場合に無効になるのでしょうか?自筆証書遺言は自宅で手軽に作れる反面、偽造できてしまうリスクがあることから、有効な遺言...

遺言書の内容に不満があるときにとれる手段l遺言の無効や遺留分の主張する方法

「自分の取り分が少なすぎる」など、遺言書が内容がおかしいと考えている場合、そもそも遺言書は無効であると主張することや、遺言は有効だったとして...

不倫相手に遺産を残す内容の遺言書は有効なのか

亡くなった家族が、不倫相手などに遺産を残すことを内容にした遺言書が発見された場合、遺言の通りに財産を渡したくないと考える相続人もいるでしょう...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 住民票を移さない妹について

    祖母所有の物件に住民票がある妹の事です。 親族から借金をし、返すあてがないのか、住民票を残したまま一年程行方不明になりました。 この度、祖母が亡くなり、物件を第三者に貸し出すことになったので、住民票を妹が現在住んでいる住所に移すよう申し伝えました。 葬儀の際に話した結果、住民票は移すが、今手元に住所が分かるもの...

  • 特別受益証明書を書いた後について(各種義務と取り消しについて)

    特別受益証明」を書いた時の各種義務や、取り消しの可否についてお伺いします。 昨年初めに父が他界しました。 母は先に無くなり、私は3人息子の次男です。 兄と私は父から土地を贈与され、資金援助を得て自宅を建てました。 しかし素行が悪かった弟は長く家出状態でした。 父が遺した財産は家とその土地、ごくわずかな貯金で...

  • 祖母の戸籍謄本(全部事項証明)の取得方法について

    祖母が介護施設に入居しておりますが、入居に伴い、元に住んでいた自宅を売却しており、 祖母の現在の住民票がどこ(介護施設にしているのか、もしくは元の自宅の住所)なのか不明です。 この場合、祖母の全部事項証明を取得するのには元の住所地の区役所に行って申請しても いいのでしょうか。 取得理由が以前にもご相談した通り、...

  • 姻族関係終了届は母の親族の役所に通知は行くのか。

    私は現在父と二人暮らしで、去年母が亡くなりました。母の腹違いの兄は現在刑務所にいます。出所してきては私の父にお金をせびりに来て、出たり入ったりを繰返しています。又義理の兄が刑務所に入所前に住んでいた地域の役所から生活保護を受けていた期間があった様で、いきなり知らない県から父宛に農道整備工事変更の署名依頼が役所か...

  • DVの親への閲覧制限は兄弟には有効か?

    先日親のDV被害で警察署にて戸籍や住民票の閲覧制限をかける認定をもらえたのですが、住民登録が別の兄弟が戸籍謄本を取った時に私の住民地も知り得てしまうのでしょうか。警察署の方は肉親には見られないと仰っていましたが、加害者欄に両親しか記載していないので世帯が別の兄弟には閲覧制限が適応されず現住所が知り得てしまうのでは...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

遺言の効力の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。