遺言執行者からの「財産目録」の提示期限

被相続人の遺言執行者(弁護士)と約束した「財産目録」の提示期日になっても出て来ません。
被相続人の死亡から3ヶ月近く経過しますが、被相続人の財産と債務が判らず、相続放棄をするか否か、判断が出来ず困っています。

《質問》
①.財産目録の提出期限というのは無いのでしょうか。
②.法的根拠に従い、提示する様に請求する事はできないのでしょうか。
③.財産目録が出てこず判断できない事を理由に相続放棄の期限を延長する事は不可能なのでしょうか。
2019年09月03日 18時09分

みんなの回答

新保 英毅
新保 英毅 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
遺言執行者は「遅滞なく」相続財産目録を開示する義務がありますが、具体的な期間が決まっているわけではありません。
債務超過かどうか分からず3か月以内に相続放棄の決断ができない場合は、家庭裁判所に相続放棄の期間伸長の申立てをされるといいでしょう。
なお、遺言により遺留分を侵害されていることが分かれば、判明後1年以内に遺留分侵害額の請求が可能です。

2019年09月03日 18時24分

この投稿は、2019年09月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。この記事では、遺言執行者の職務内容や義務、遺言執...

【相続】遺言執行者に選任された場合の職務内容と手続きの流れ

遺言執行者に選任されたとき、実際に何をするのかわからない人も少なくないでしょう。遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続...

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

遺言執行者を解任したい場合の手続きを解説

遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続きを行います。遺言執行者が業務をおこたって手続きを進めてくれない場合や、病気など...

財産目録の作り方と不動産の価値を評価して相続税が生じるか判断する方法

あなたが遺言を残さずに亡くなった場合、家族が相続の手続きを進めるにあたって、あなたの財産の内容を全て把握する必要があります。あらかじめ財産を...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺言執行者の財産目録の提示について

    被相続人(妹)の遺言執行者として弁護士が就職したとの連絡がありました。 法定相続人は、姉の私だけです。 また、被相続人は「私以外の他人に全て遺贈する」旨の 遺言書を残しております。 1.姉妹なので遺留分もないかと思いますが、   この場合でも、遺言執行者は、財産目録を私に提示するものなのでしょうか。 2....

  • 遺言証書と遺言執行者からの財産目録

    公正遺言証書有の相続での疑問点です。 公正遺言証書にて金銭の相続割合および不動産の記載があります、 また相続開始前に不動産売却の場合の相続割合がかかれていました。 先日相続開始に当たり遺言執行者(弁護士)より財産目録が送られてきました。 その内容に不動産のことは触れられていませんでした。 実は不動産は亡くなる...

  • 遺言執行者の財産目録作成について

    以前にも同じような質問をさせて頂いていますが、よろしくお願いします。 今回遺言執行者に父がなりました。遺留分のある相続人はいません。兄弟で預貯金は相続するように記載されていました。(土地の件で執行人が必要な為) 遺言執行者のお仕事としては、財産目録の開示があると思うのですが、預貯金に関して兄弟以外(姪、甥)...

  • 遺言執行者の、不在者である相続人への相続財産目録の交付義務

     相続が発生し、遺言書がある場合です。相続人は、A・B・C(全員被相続人の子・よって全員遺留分はあります。)の3名で、遺言の内容が「全財産をA・Bに均等に相続させる。Cにはいっさい相続させない。」といったものであり、Aが遺言執行者として遺言書に指定されております。このような場合、  Cが相続発生時に行方不明(不在者)で...

  • 遺言執行者の財産目録作成義務について(民法1011条)

    被相続人が財産の半分以上を相続人Aに相続させる旨の公正証書の遺言を作成しました。 遺言執行者はAです。 Aは財産目録作成はしていません。 他の相続人が最近になり偶然、不動産の登記からAやその家族が被相続人から生前贈与を 受けていたことが判明しました。 ここで、実務経験豊富な弁護士の皆様に質問です。 Aは財...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺言執行者の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。